大人子供の日々徒然

極めてどうでもいい雑記です。

チェック柄への異常な憎悪 また私は如何にしてオタクファッションから抜け出すに至ったか

2016/09/13

check

実にくだらないアイキャッチ画像ネタでダダ滑りしていることは重々承知の上ですが、一定の年齢以上の人じゃないとわかんねぇだろうからまぁいいや。タカモク。

それよりも、私は常々疑問を抱いているのですよ。なぜオタクファッション=チェックシャツという図式ができているのか?うーん、よくわからん。個人的にはそんなイメージはないんですよねぇ。もしかして、チェックシャツ全般というよりもネルシャツがオタク御用達のイメージがあるんじゃないです?昔懐かしの「電車男」あたりで、そのパブリックイメージが固定されたのでは?

まぁ、確かにチェック柄は使いづらいので地雷になりえますよねぇ。チェックのシャツ以上に、チノパンを折り返すとチェック柄が現れるやつ?あれは危険。それと、ワークブーツの裏地がチェックのやつもデンジャラス。
このようなアイテムを着用すると、オタクというよりも「中高生が頑張ってオシャレしてみました感」が強く出ちゃうと思うんですよね。そういう子にありがちなのが、ファイナルファンタジー15の主人公みたいな髪型。切れ!!!!!!!!!!髪を!!!!!!!!!!うっとおしい!!!!!!!!!!

 

そんな感じで荒ぶってはおりますが、何を隠そうこの私もバリバリのオタクファッショニスタでしたから。中学校は制服だった上に、丸刈り廃止の長髪解禁になっただけで大騒ぎでしたから。で、高校の頃も別にどうでも良かったんですよ、男子校だったし。転機が訪れたのは大学受験に失敗し、予備校に通いだした頃でした。
当時、どうも自分が周りから浮いているような気がしてならず、気になっていたんです。原因をよくよく考えてみると、「The おかあさんに買ってもらった服装 from 20th Century」だったのは私くらいなものだったんです。
同じ受験対策コースに友人がいなかったことも手伝い、「周りから浮いている=人として認めてもらえないんじゃなかろうか」というところまで考え込み、半ばノイローゼ状態になった私は、状況を改善すべく「これはいかん!溶け込むぞ!周りに!」と意を決し、メガネをメタルフレームからセルフレームに変え、ゆるゆるなチノパンをデニムに変え、ダボダボのトレーナーをボーダーカットソーに変えました。
四六時中探されている人もしくは自宅の件でご近所と揉めたおじさんのVersion.青みたいになりましたが、それ以降は周りからの視線に苦痛を感じることはなくなりました。
かくして、ひとまずは脱オタ(注:ファッション面のみ)を果たし、精神衛生上の健康を取り戻したわけです。

しかし、その後も試行錯誤は続きます。何とか二浪をまぬがれて大学に入り、ちょこちょことブランド品なるものを買うようになったのですが、当時は「ブランド品さえ着ればオシャレになれる」という、ファッション初心者にありがちな思い込みをしていた為、トータルコーディネートというものを一切考えない、かなりチグハグな格好をしていました。思い出すと結構恥ずかしい……
そういった失敗を繰り返して、自分に合う服を模索し続け、途中でファッション全般に興味を失い、休日のお父さんのような格好がデフォルトになったりしつつも、「全身のバランスが整っていれば、別に普通の服でええんか……」と気付き、やっとのことで着るものの方向性が定まったのはかなり最近のことだったりします。

 

そういうわけで、「脱オタクファッション」という命題は興味の対象であり続けているのですが、まさに「脱オタクファッション」をテーマにした書籍があるとネットニュースで知り、ようやくこの度kindleで買ってみたんですよ。

で、感想なんですが、なかなかの良書ですよコレ。本書の筆者氏もファション面での脱オタクを図る為にあれこれ苦労したようですね。その苦労の甲斐あって、この本を最初から最後まで読んで順番に実践すれば脱オタクファッションを身に付けることができるよう、良く考えられた構成になっています。
当然のことながら、脱オタクファッションの重要ポイントである「清潔感」「トータルバランス」「服も大事だけどまずは髪型」「過剰に着飾る必要はない。普通でいい」などをしっかりと押さえており、最初に揃えるべきアイテムのついても具体的に触れています。

本書のタイトルからして、これから脱オタクを目指す人向けの書籍と思われがちですが、私はむしろ脱オタクを図った後に読まれるべきものだと感じました。脱オタクに成功するべく手に入れた最初のコーディネートはだいたいうまくいくんですよ。問題はその後。私のように「ブランド品買っておけばいいや症候群」や「買ったアイテム同士がケンカする症候群」に陥らずに済むかどうか。本書を読めば、その問題は解決します。「こういうアイテムが無難で着回しも効くよ」という具体例を示してくれるので、私のように色々と遠回りすることなく、最適解にたどり着けるでしょう。
また、ブランド至上主義に陥らず、普通のファッションでいることの重要性を本書は教えてくれます。清潔感があって、着ている本人に似合っていて、ダサくなければ問題ないんですよね。それで十分に周りとのコミュニケーションを図れますから。
ファッション面での脱オタを目指していた時期のみならず、どんな服を買ったらいいか試行錯誤していた時期にも、本書があればどれだけ楽だっただろうと、当時の苦労が思い出されます。

 

そういうわけでなかなかの良書ではありますが、「おや?」と思うポイントもないわけではありません。むしろ結構多いんですが、突っ込みたいところ。今回は一点に絞ります。

なんでそんなにチェックシャツを憎む?

「え?チェックシャツに一族郎党皆殺しにされたの?」と思わずにはいられないチェックシャツへの「とりあえずやめておけ」言及。確かにチェックシャツが使いにくいことは認めます。恐らく、チェックシャツ=オタクという固定観念が世の中にあることと、コーディネートが難しいことを鑑みて「初心者はやめておけ」と書いているんでしょうけどね。
それにしても使いようだと思いますよ、チェック柄。とりあえず「ギンガムチェックは使いづらいけど、グラフチェック(格子柄)なら難易度は低い」くらいの言及は欲しかったなぁ。

 

まぁ、突っ込みどころ以上に賛同できる点も多いので、気が向いたら別の記事で詳しくレビューしようかなぁと考えています。良書であることに違いはないので、悩めるオタク諸氏に少しでも本書の良さが届けばいいなぁ、と。気が向いたらね。
あ、最後にひとつ。

なもり先生の絵は表紙だけだぞ!

 

スポンサーリンク

-書籍
-, ,

閲覧数TOP5

1
失神するほど痛い!腎臓結石で激痛がきたらどうする?経験者が対策を伝授します

なんだかキルラキルみたいな題字になっちゃいましたが、まぁいいや。 ちょっと前の記 ...

2
登米市の三滝堂ふれあい公園に行ってきた 2016年・秋

最近は天気の良い日が続いて、ありがたい限りです。多少は外に出ようという気分にさせ ...

3
うつ病が相当よくなったので復職しました。復職して感じたことあれこれ

かねてより問題となっていたうつ病ですが、症状が著しく回復したため、この度復職を果 ...

4
【アダルトチルドレン関連記事】昔の記憶をあまり思い出せないことと、家族の金銭問題と。自分の人生を生きるために向き合うべきもの

早いもので10月になってしまいました。 日々に追われ汗水たらして働いていた頃と休 ...

5
脳がザワザワする……どうかしちゃってる海外産RPG「Hylics(ハイリックス)」

あまり体調がよろしくない為、ぼんやりネットサーフィンUSAと洒落込んでいたところ ...