大人子供の日々徒然

極めてどうでもいい雑記です。

1,000円カットとそれなりなお値段のヘアサロン、必要に応じて使い分けております including 1,000円カットを上手に使うポイント

2016/09/12

barber-1453064_1280

大多数の皆様にとっては本当にどうでもいい記事だと思いますが、許してちょんまげ。
でも、今まで床屋さんにしか行ったことのないそこのボーイや、脱オタクを目論むそこのメンズにとってはちょっとだけ役に立つかも!

では改めて。
4ヶ月ぶりに髪を切りました。ユーティーエスユーになると、どうしても外に出るのが億劫になる……というのは建前で、ただ単にめんどくさかっただけです。それと、もういい歳なので、髪もそんなにワサワサ伸びません。むしろ抜けていくほうが多い!残念!
で、頭がスッキリすると気分もスッキリしますね。久しぶりに味わった感覚です。

今回髪を切ったのは、俗に言う1,000円カットの美容室。「え?それでええの?」と仰る向きもあるでしょうが、これが決して悪くないんですよ。使い方のポイントを押さえれば、十分に満足できる髪型を提供してくれます。そのポイントについては後程。

スポンサーリンク

私の履歴書 a.k.a. 髪切り遍歴

本題に入る前に、私が今までどのようなところで髪を切ってきたか、にてお茶を濁す皆様のご機嫌を伺おうと思います。

幼少〜高校生

幼少の頃〜高校生までは、近所の床屋さんでした。まぁ、一番ありがちですよね。小学生のド定番、スポーツ刈りに関しては右に出るもののいない床屋さんだったですよ。中学〜高校になっても特に色気付くことはなく、どんな風に注文すればそういうふうになるの?的なザンバラ髪でした。

予備校〜大学生

大学受験に失敗し、予備校に通い始めると、色気付くというよりも周りの目が気になり始めました。自分が変な髪型 including お母さんに買ってきてもらいました感満載の服装 = オタクっぽい見た目であることに気付いた私は、服を買い直し、髪型を整えることにしました。平たく言えば脱オタを図ったわけです。ヘアサロンに通いだしたのはその頃だったと記憶しています。

大学生〜現在

大学以降は、脇目も触れずヘアサロンだったのですが、ふと思い立って1,000円カットの美容室に入ってからは、「1,000円カットでもええやんけ」と考えるに至り、現在はそれなりのお値段のするヘアサロンと1,000円カットを併用しています。

1,000円カットの利点

1,000円カットと、それなり価格のヘアサロンについて、それぞれの利点を挙げてみます。まずは1,000円カットから。

予約不要

私が1,000円カットを利用するに至った第一の理由です。通常のヘアサロンは十中八九予約が必要ですから、急いでいる時、例えば「明日出発の出張に合わせて髪を切りたい」という時には1,000円カットの出番です。
また、思い立った時に尋ねてもすぐに髪を切ってもらえるのも、予約不要な1,000円カットならではですね。

安い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

1,000円カット最強のメリットはやっぱりこれですよね。とにかく安い。工数やら人時生産性やらの観点から考えると、利用者にとってはかなり割のいいサービスだと思います。その分、お店の側からすれば生産性を上げる為に効率よくお客をさばかないといけないでしょうから、大変だよなぁ……と毎度毎度感じます。

意外と仕上がりは悪くない

「安かろう悪かろう」という言葉があります。安くてもすぐに壊れそうな製品を買ってしまい、案の定すぐに壊れたりすると、この言葉を頭に思い浮かべつつ、さめざめと刻の涙を流します。
1,000円カットも「安かろう悪かろう」のイメージで捉えている方もいらっしゃるでしょうが、決してそうではありません。理容業界の人曰く、「1,000円カットはどんどんお客をさばかないといけないから、ヘタクソな美容師では務まらない」とのこと。確かに、私もそのような印象を持ちました。少なくとも私がしばしば利用している1,000円カットの美容室には、下手な人はいないですよ。髪型に対する明確なイメージを伝えれば、きちんと仕上げてくれます。

お値段それなりヘアサロンの利点

毎回1,000円カットばかり利用しているわけではなく、2〜3回に1回はそれなりの料金が発生するヘアサロンに行っています。毎回1,000円カットに比べて値段が高いにも関わらず、行くからにはそれなりのメリットがございましてな。その利点は以下の通り。

自分に似合う髪型を作ってくれる

自分に似合う髪型が掴めない場合や初めてヘアサロンを利用する場合は、お値段が多少張ってもきちんとしたところに行くべきだと思います。自分に似合う髪型はどんなものか、美容師さんが提案し、形にしてくれます。
なりたい髪型に対するイメージがある場合にも、遠慮なく美容師さんに相談してみましょう。持てる技術をフルに活かし、理想の髪型に近付けてくれるでしょう。予約の上で十分な時間を掛けてくれるのは、それなりの料金が発生するヘアサロンだからこそです。

髪に関する悩みへの相談に乗ってくれる

カラーがうまく決まらない、髪が薄くなってきたので髪型でうまくカバーしたい、髪質が素直ではなく髪型が決まらないなどの髪の悩みにも、しっかり対応してくれます。髪の生え方や髪質に沿った適切なカットを望むのであれば、それなりの価格水準のヘアサロンで、時間を掛けて取り組んでもらうのが良策です。

満足度が高い

ヘアサロンとしての質が高ければ高いほど、接客や空間作りなど、カット以外の質も高くなります。髪を切った時の満足度の高さは、1,000円カットではなかなか味わいにくい部分だと思います。

1,000円カットを利用する上でのポイント

双方の利点をご理解いただいた上で本記事を締める前に、1,000円カットで失敗しない為の私的ポイントをお伝えします。

事前に髪型のイメージを固める

1,000円カットの場合、普通のヘアサロンに比べて、お客一人に掛ける時間がどうしても短くなり、自分のイメージする髪型を伝えきれず、結果として満足いく髪型に仕上げてもらえない時もあります。「単価が低い分、多くのお客をさばいて生産性を上げる」という1,000円カットのビジネスモデルの関係上仕方のないことなので、失敗を少なくするには「あらかじめ髪型のイメージを固めてから行く」ことが大切です。

ヘアカタログを持って行く

具体的な髪型のイメージは、口頭で話すよりもヘアカタログを持参したほうがより明確に伝えることができ、時間の短縮にも繋がります。書店で売っている雑誌を持ち込んでもいいでしょうが、ネット上のヘアカタログを印字して渡すのが最も手っ取り早く、おすすめです。

「理容室」ではなく「美容室」を使う

一般的に、「理容室」よりも「美容室」のほうが、流行に対するアップデートが進んでいます。美容室は女性客が多いことと、男性客でもオシャレに意識的な層は理容室ではなく美容室を利用することがその理由です。「どうせ1,000円だから失敗しても金銭的な損失はわずかだ」とは言え、せっかく切ってもらうのですから、流行に即した技術のある方を選びましょう。

それぞれの使い分け、私はこうしています

1,000円カットとそれなりなお値段のヘアサロン、それぞれにメリットがありますので、その辺りを鑑みた上で使い分けるといいでしょう。私は、

  • 時間がない時・安く済ませたい時・どんな髪型にしたいかイメージが固まっている時には1,000円カット
  • 新しい方向性に挑戦したい時・満足感を得たい時にはそれなりなお値段のヘアサロン

といった感じで使い分けています。以上、男性向けの記事になりましたが、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-雑記
-

閲覧数TOP5

1
失神するほど痛い!腎臓結石で激痛がきたらどうする?経験者が対策を伝授します

なんだかキルラキルみたいな題字になっちゃいましたが、まぁいいや。 ちょっと前の記 ...

2
登米市の三滝堂ふれあい公園に行ってきた 2016年・秋

最近は天気の良い日が続いて、ありがたい限りです。多少は外に出ようという気分にさせ ...

3
うつ病が相当よくなったので復職しました。復職して感じたことあれこれ

かねてより問題となっていたうつ病ですが、症状が著しく回復したため、この度復職を果 ...

4
【アダルトチルドレン関連記事】昔の記憶をあまり思い出せないことと、家族の金銭問題と。自分の人生を生きるために向き合うべきもの

早いもので10月になってしまいました。 日々に追われ汗水たらして働いていた頃と休 ...

5
脳がザワザワする……どうかしちゃってる海外産RPG「Hylics(ハイリックス)」

あまり体調がよろしくない為、ぼんやりネットサーフィンUSAと洒落込んでいたところ ...