大人子供の日々徒然

極めてどうでもいい雑記です。

【うつ・アダルトチルドレン関連記事】カウンセラーを探す時のポイントと具体的な探し方

2016/09/12

hospital-484848_1280

突然ですが。
アメリカって、カウンセリングがポピュラーなイメージ、ありません?
米国産のドラマや映画でよく見るような気がするんですよねぇ、カウンセリングを受けているシーン。

やはり、精神・心療分野に対するハードルの高さがまだまだ払拭されていないですよね、日本は。「カウンセリングに行く」となっても、その頃にはうつ状態がひどいことになっていて、「カウンセリングを受けるより、まず入院したほうがいいよ!」くらいになってしまうわけです。

お国柄やら制度やら、日本とは違いが多すぎるので一概には言えないでしょうが、アメリカのように「カウンセリングを受ける」ことが当たり前になれば、うつに苦しんだり、生き辛さで苦しんだりする人が減ると思うんですけどねぇ……

スポンサーリンク

カウンセラー、どうやって探す?

「じゃあ、カウンセリングに行ってみようか」と決意したところで、カウンセリングを受けられる施設は内科や眼科のようにあちこちにあるわけじゃありません。

例えば「カウンセリング ◯◯(←住んでいる地域)」でGoogle検索すれば、それなりに引っかかってくると思います。実際にググッてみると……色々なカウンセラーがいるんですよねぇ。
本業よりもメディア出演のほうが忙しそうだったり、ブログでの集客に熱を上げていたり、スピリチュアル方面に傾倒していたり。

もちろん、そのカウンセラーがスピリチュアル系だろうがオカルトだろうが無免許だろうが、カウンセリングを受ける人にとって価値を見いだせるのならそれでいいと思います。
ただ、それはカウンセリングを受ける人がまだ病に至らない段階での話。多少凹んだり悩んだりしている段階なら効き目もあるでしょう。
例えばですよ、うつやアダルトチルドレンの問題を解決するべく、決意を持って尋ねたカウンセラーのところで「魂から発するオーラの色が」とか「前世からの因縁が」なんてことを言われたなら、笑い話にもなりませんよね。

極端な例を挙げましたが、特にうつやアダルトチルドレンのことを何とかしたい場合、カウンセラーはきちんとした人を選ぶべきです。
では、きちんとしたカウンセラーを選ぶ基準はどのようなものでしょう?「こいつは怪しい」という人は最初の段階から排除するとして、大事なポイントをひとつだけ押さえれば間違いは起きないでしょう。そのポイントとは……

ポイント・医療機関との連携が図れるか

そのカウンセラーは、医療機関との連携を図れるか。また、現在何らかの医療機関からカウンセリングの委託を受けているか。

ひとまずこれだけ押さえておけば、あなたの選択肢から、インチキ・実力不足・的外れなカウンセラーを排除できます。精神科・心療内科が行う医療行為に付随する形で行われるカウンセリングであれば、カウンセラーの知識や技量に関してある程度担保されます。「医療機関から紹介されるカウンセラー=医師のお墨付きのあるカウンセラー」ですから、初期段階での事故率を低くできるわけです。
また、カウンセリングルームのサイトを検索していると、「精神科からのご紹介を頂いています」と謳っているところがあるくらいですから、医師からのお墨付きはカウンセラーにとっても自身の信用を担保する有効な手札なんでしょうね。

では、そういったカウンセラーを探すにはどうすればいいか。それについて、私の考えるところを挙げていきます。

探し方その1・精神科・心療内科に相談する

現時点で精神科や心療内科に通院している場合、主治医に「カウンセリングを受けたい」と伝えれば、適切なカウンセラーを紹介してくれるでしょう。以下のようなパターンが考えられます。

病院の関係者にカウンセラーがいる

私はこのパターンでした。主治医の先生から「症状が落ち着いてきたら、カウンセリングを受けてみるのもいいかもしれませんね」と言われていたので、それに乗っかった形です。
私が通院しているような大規模な専門病院であれば、カウンセリング専門のクリニックを設けていたりします。

外部委託しているカウンセラーがいる

あまり大きくない病院でも、外部のカウンセラーと連携しているところも数多いですので、そのようなルートで紹介してもらえばいいでしょう。精神科に限らず、病院は信用第一ですから、突飛なカウンセラーを紹介することで自分の病院の評判を落とすことは避けたいはずですからね。

医師がカウンセリングを行っている

医師が医療行為(認知行動療法)としてカウンセリングを行う場合もあります。
この場合の最大のメリットは、料金に保険が適用されることでしょう。民間のカウンセラーが行うカウンセリングは保険が適用されません(後述)。医療費控除に関しても同様で、医師自身がカウンセリングを行う場合は控除対象、民間のカウンセリングは例え医師の指示があっても控除対象外だそうです(後述)。
ただし、どうしてもスピーディーに患者を捌く必要がある為、カウンセリング時間が短くなりがちです(15〜30分程度・民間のカウンセリングは1時間前後が普通)。時間が短ければ、患者の悩みについて深く掘り下げるのに回数を重ねなければならず、効率が悪くなることも考えられます。

探し方その2・公共の機関に相談する

県や市(県庁所在地)の精神保健福祉センター、各地域の保健所に相談するのもひとつの手です。

 

これはあくまでも仙台市の例ですが、

  1. 初回相談→診察(保険診療)
  2. 初回相談→継続相談(臨床心理士、保健師、精神保健福祉士等が面接)
  3. 初回相談→グループミーティング参加

というパターンがあるようです。
上記2の場合は、そのままこのセンターでカウンセリングを受けることができるようです。ここにある「臨床心理士」「保健師」「精神保健福祉士」はそれぞれ国家資格ですので、出自不明なカウンセラーよりも信用を担保されているといえるでしょう。
また、「他の相談機関や医療機関をご紹介させていただく場合もあります」とされていますので、そのルートで然るべきカウンセラーに繋いでもらうことができそうです。

探し方その3(大学生限定)・大学の相談窓口に相談する

私が現役だった頃よりも、大学生を取り巻く環境は複雑化していると感じます。就職・単位の取得・学生同士の人間関係など、ストレス源になる要素がふんだんに用意されています。そのような状況により、メンタル分野への対応が大学側にも求められることから、学内に専門のカウンセラーを配置しているところが多くなってきているようです。

あなたが大学生なら、重苦しい気持ちをひとりで抱えず、遠慮せず大学の相談窓口に行き、自分の状況を話しましょう。学内で完結される分にはほとんどの場合無料で済むようです。せっかく高額な授業料を払っているのですから、使えるものは使っていたほうがいいと思いますよ。

料金:医師が行うカウンセリング以外は保険適用外

カウンセリング料金の相場は、だいたい5,000円〜10,000円前後というところが一般的です。
ここでひとつ気を付けなければいけないのが、「医師が治療の一環で行うカウンセリング以外は保険適用外」であることです。民間のカウンセラーは医師免許を持っていない人が大半ですので、カウンセリングが医療行為として認めてもらえないんですね。
また、医師の指示があっても、このようなカウンセリングは医療費控除の対象外だそうです。医療費控除の対象になるカウンセリングは、「医師自身が治療の一環として行うカウンセリング」のみのようで……このような世知辛いことも考えつつ、カウンセリングを受けるかどうか決めていく必要がありますね。

あくまでも私の通っているカウンセリング専門クリニックでの話ですが、「金銭的状況が苦しい時は、遠慮なく申し出て欲しい」と言われています。病院本体との関連性が非常に強いところなので、カウンセリングを医療行為の一環と定義づけているようです。
そういったカウンセリングルームを見つける為には、医療機関との関係性があるところを探すのが第一だと考えます。

まとめ

少しずつではありますが、日本でのメンタルヘルスに対する理解は広がってきていると感じます。カウンセリングについても、以前よりは受け入れやすいものになっているでしょう。
しかし、医療行為に準ずるものとしてのカウンセリングには、医療費控除の問題を始めとしたいくつもの高いハードルが残されています。
そういった費用の面もさることながら、うつやアダルトチルドレンの問題に口出しするべきではない「怪しげなカウンセラー」の存在をどうにかすることが、カウンセリングをより受け入れやすいものにする第一歩だと考えています。

カウンセラーを選ぶ際、この記事が少しでもお役に立てれば大変うれしいです。

 

スポンサーリンク

-内面, 持病
-, ,

閲覧数TOP5

1
失神するほど痛い!腎臓結石で激痛がきたらどうする?経験者が対策を伝授します

なんだかキルラキルみたいな題字になっちゃいましたが、まぁいいや。 ちょっと前の記 ...

2
登米市の三滝堂ふれあい公園に行ってきた 2016年・秋

最近は天気の良い日が続いて、ありがたい限りです。多少は外に出ようという気分にさせ ...

3
うつ病が相当よくなったので復職しました。復職して感じたことあれこれ

かねてより問題となっていたうつ病ですが、症状が著しく回復したため、この度復職を果 ...

4
【アダルトチルドレン関連記事】昔の記憶をあまり思い出せないことと、家族の金銭問題と。自分の人生を生きるために向き合うべきもの

早いもので10月になってしまいました。 日々に追われ汗水たらして働いていた頃と休 ...

5
脳がザワザワする……どうかしちゃってる海外産RPG「Hylics(ハイリックス)」

あまり体調がよろしくない為、ぼんやりネットサーフィンUSAと洒落込んでいたところ ...