大人子供の日々徒然

極めてどうでもいい雑記です。

ウチはやっぱり機能不全家庭だった。原因は宗教。AC(アダルトチルドレン)について調べていて気付いたこと

2016/09/23

PAK160428140I9A3615_TP_V

うつ病を治す一環で受け始めたカウンセリングで判明したのですが、どうやら私はAC(アダルトチルドレン)の傾向が強いらしいです。

そのような状況に至った原因はどうやら育った環境にあるらしいぞ、ということは前回の記事に書いてみました。よろしければご参照下さい。

スポンサーリンク

ここまででAC(アダルトチルドレン)について知っていること

ついこの前までは「ふーん、そういうのもあるんだねぇ」くらいにしか思っていなかったアダルトチルドレン。
自分が当事者になった以上、流石にそれがどういうものか気になります。
そういうわけで、ネットでさらっと調べたりカウンセラーの先生に聴いたりしてみました。
本当にザックリとですが、こんな感じでしょうか。

  • アダルトチルドレンとは、機能不全家庭で成長したことにより、大人になってからもトラウマを抱えている人、またはその状態を指す
  • 完璧な人間はいない=完璧な親は存在しない。従って、どのような家庭でも大なり小なり機能不全を抱える可能性がある
  • アダルトチルドレン自体は疾患ではない。あくまでも状態を指す言葉であり、病名ではない
  • アダルトチルドレンは病気ではないが、その状態が長く続くと様々な問題(例:うつ病や不安障害などの精神疾患・アルコールや薬物などの依存症)の原因になりうる
  • アダルトチルドレンは「完治」や「撲滅」する性質のものではない。カウンセリング等を通じ、自分の生き辛さの傾向を掴んだ上で対策を行い、「克服」を目指す
  • アダルトチルドレンに至る原因は家庭を始めとする環境であり、アダルトチルドレンである本人には何の非もない。「自分は悪くない」と考えることが必要

ネットで調べた際には、以下の記事を参考にしました。
とても良くまとまっているので、自分で改めてまとめ記事を書く必要はないなぁ、という感じです。

【アダルトチルドレンってどんな人?】なってしまう原因は?5つのタイプと9つの特徴&克服法をご紹介します!|WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書。ヘルスケア情報まとめサイト
アダルトチルドレンという言葉をご存知でしょうか。アダルトチルドレンは機能不全家庭に育ってしまったために、成長してからも心の中に何らかの問題を抱えている状態を指した言葉です。今現在、「もしかしたら自分もそうかもしれない」と悩まれている方もいらっしゃるかもしれませんね。ここではアダルトチルドレンの特徴や克服方法などについて解説していますので、悩まれている方はぜひ参考にしてみてください。

【H28.09.23追記】
キュレーションメディア「WELQ(ウェルク)」につきましては、他メディア記事からの無断引用などの問題が取り沙汰されています。当記事執筆の根拠となった上記リンク先を改めて検証したところ、「記事の出典が一切記されていない」という問題があるものの、記事の内容には特に問題が見られないことから、ひとまずリンクを削除せずに置きます。
【本件の検証記事】
WELQ(ウェルク)の記事をアダルトチルドレンの根拠にするのは間違い?キュレーションメディアの記事で自己診断する危うさについて

この記事を読んでいて、「あ、これは!」という文言にぶつかりました。

宗教を信仰している家族がいて、入信するのが当然と考えている

これの一行を見た瞬間、

「ああああああああ!思い出したぁぁぁぁぁぁぁ!」

と声に出してしまいましたよ。

【H28.09.23追記】
上記文言「宗教を信仰している家族がいて、入信するのが当然と考えている」は、キュレーションメディア「WELQ(ウェルク)」の記事を引用しています。元記事におけるこの文言の出典は不明ですが、現在通院しているカウンセリング専門クリニックにて私を担当するカウンセラー(臨床心理士)から「宗教の問題はアダルトチルドレンの原因としてよく挙げられる」と指摘があったことを根拠として、この文言に関しての信憑性は担保されていることを明記します。

母親が変な宗教にハマっていた - まとめ記事を読んでいて思い出したこと

これです、これ。
すっかり忘れていましたよ。子供の頃に嫌だったことベスト1・母親が変な宗教にハマり、信仰を余儀なくされたこと。

入信〜初めての違和感

小学生になる直前くらいだったでしょうか。
親戚に誘われて、神道系の某新興宗教に家族揃って入信したんです。

当時、5歳か6歳だった私はわけもわからず自動的に入信。
特に疑問を持つこともなく、朝晩のお祈りを神棚に鎮座するご神体に向かって欠かさずに行っていました。
父親も一応入信していましたが、特に母親がどっぷりハマっていたことを覚えています。

初めて違和感を覚えたのは小学2年あたり。
ある日、私が高熱で苦しむなか、母親は一心不乱に神棚に祈っているんですよ。
もちろん、病院には連れて行ってもらいましたし、つきっきりで看病してもらいました。
でも、苦しい時の神頼みってどうなんだろう……と。

後からわかったことなんですが、その新興宗教の当時の売りは「病気を奇跡で治療する」ことだったんですね。「創始者が神様にがんを治してもらったことから、その教えを広めることになった」らしいです。いかにも新興宗教な感じですね。
尚、その教義は、これまた新興宗教にありがちですが「いいことがあれば神様のおかげ、悪いことがあれば信心が足りないせい」という感じだったんです。又、救われるにはとにかく「神様にすがる」しかない、という教えでした。悪い意味での「他力本願」ですよね。

これって、とても都合のいい考え方なんですよねぇ。
例え信者に不幸があっても、それは信心が足りないから。もし上手いこと信者が勝手に救われてくれたら、それは神様のおかげ。
救われるには、神様にすがるしかない。神様にすがって救われなければ、それは信心が足りないから。本を買わなきゃ、お守りを買わなきゃ、勉強会に行かなきゃ……
はい、教団にとって都合のいい信者のできあがり。

当時は当然のことながら、そのような教義に対して論理的に反論する術を持ちませんでした。
ただ、子供心に何となく「それって、ちょっとおかしいんじゃね?」と思っていました。

新興宗教アレルギー〜一人でボイコット

小学3年〜4年の頃には、宮城県唯一の拠点施設が当時住んでいた街にできたこともあり(有力な信者が誘致したらしいです)、何かあればその施設に通う日々。

折しも当時は、幸福の科学・統一教会・オウム真理教などの「カルト教団」が問題になり始めた頃。世の中に、新興宗教に対するアレルギーが広がった時期だと思います。
私も、ワイドショーの報道を見る度「あれ、もしかしてウチの神様も胡散臭いんじゃね?」と考えるようになりました。

そのような状況もあり、よくわからないものに頼るのが不自然だと感じていたこともあり、教団施設への参拝と毎日朝晩の礼拝が、非常に嫌で煩わしいものになっていきました。

中学生になる頃には、宗教に対するアレルギーがより一層激しくなったこと、周りの目を気にしたこと、ドラクエやFFの攻略に忙しかったこと(これが第一の要因)から、この新興宗教の全てに反発し、教団施設に行くことは全くありませんでした。
ほぼ同時期、我が家に入信を勧めてきた親戚と両親が仲違いしたようで、我が家全体が信仰から一歩引き始めました。

地下鉄サリン事件〜放置

1995年に、オウム真理教が地下鉄サリン事件を始めとする極めて重大な事件を起こします。この事件に前後し、世間が新興宗教一般に持つイメージは最悪のものとなりました。
恐らくそれが決定打となったのでしょう、我が家で件の新興宗教の話題が出ることはなくなり、一番ハマっていた母親も朝晩の礼拝をしなくなりました。
とはいえ、正式に脱会届を提出したわけではなく、ひとまず放置したまま年月が過ぎて行きました。

これでこの宗教にまつわる話は終わり、となればいいのですが、期せずして後味の悪い終わり方をするのです。

それから

私の母親ががんと闘病していた頃、亡くなる半年ほど前でしょうか。
母親はやめていたはずの礼拝を再開し、どこかにしまっていた経典(のようなもの)を一生懸命に読んでいたのです。

「そんな意味のないこと、やめなよ」なんて、言えませんでした。
例え胡散臭い新興宗教だとしても、それにすがることで母親の心が救われるのならそれでいいと思っていましたし、何よりも余命幾ばくもない母親の意志を尊重したかったのです。

奇跡など起こるはずもなく、母親は亡くなりました。
その後、神棚に祀ってあるご神体(のし袋のようなものに、神様の名前が書いてある)を開けてみたところ、そこに入っていたのは何の変哲もない、経文のひとつも書かれていない只のボール紙でした。

こんな紙切れ一枚に長い間振り回されていたかと思うと、バカバカしくて笑うしかありませんでした。

その後、父親が脱会の申し込みを行いましたが、その際、教団職員に「脱会すれば不幸になる」と言われたようです。まぁ、有無をいわさず脱会してきたようですが。

この一連の出来事で、ひとりの宗教アレルギー患者が生まれましたとさ。おしまい。

誰かに頼ることが苦手 - 宗教アレルギー以外の弊害

久しぶりに思い出して、書き出してみて改めて気付きましたが、私に対して悪影響を及ぼしているのは、どんなことよりもこの新興宗教絡みですわ。非ッ常ォに胸糞悪い。

宗教の信仰による悪影響が機能不全家庭の定義のひとつだとするならば、ウチは立派な機能不全家庭でした。

「もしかして」の話なんですが、私の悪い癖であるところの「誰かに頼るのが苦手」「何でも自分ひとりで解決しようとする」「自分の道は、誰にも頼らず自分で切り開かなければならない」という考え方は、先程までさんざん書き連ねたように、件の新興宗教が掲げる「救われるには神様にすがるしかない」という教義に対する強烈な反発が原因のひとつではなかろうか、なんてことを考えました。

うーん、どうでしょうねぇ。当たらずとも遠からず……という感じがします。

某新興宗教の現在

この新興宗教、現在も変わらず活動しています。
私が脱会してから相当な年月が経っていますので、現在どのような教義で活動しているのかはわかりません。
今回の記事を書くにあたり、わかったことを挙げておきます。

  • 現在、現世利益や奇跡を売りにした活動は行っていない。公式ウェブサイトには「温かい家庭」「幸福な社会の実現」など、マイルドな文言が並ぶ
  • 信徒数は100万人に多少届かない程度
  • 月に1〜3冊の書籍出版を行っている。価格は500〜2,600円程度
  • 複数の勉強会を実施している。なかには未婚の男女を対象にした「家庭が欲しい人」向けのものも
  • 過去には行われていなかった、結納・結婚式・葬儀・納骨などを実施している
  • 「被害者の会」ウェブサイトが存在する
  • NAVERまとめの某記事では「神道系カルト」と記載されている。Yahoo!知恵袋にもほぼ同様の記載あり

恐らくですが、オウム事件以降、派手な活動ができなくなったのでしょう。
教義をマイルドにしつつ、冠婚葬祭分野にも進出してキャッシュを集めるスタイルに変化しているようです。

最後に

AC(アダルトチルドレン)の傾向で苦しんでいる皆様、宗教絡みで嫌な出来事はありませんでしたか?私と同じような思いをしたことはありませんか?

それ、あなたのせいじゃありませんよ。周りが悪いんです。どうか気にしないで。

【筆者注釈】
宗教を信仰することに対しての批判をする意図は一切ございません。

スポンサーリンク

-内面
-,

閲覧数TOP5

1
失神するほど痛い!腎臓結石で激痛がきたらどうする?経験者が対策を伝授します

なんだかキルラキルみたいな題字になっちゃいましたが、まぁいいや。 ちょっと前の記 ...

2
登米市の三滝堂ふれあい公園に行ってきた 2016年・秋

最近は天気の良い日が続いて、ありがたい限りです。多少は外に出ようという気分にさせ ...

3
うつ病が相当よくなったので復職しました。復職して感じたことあれこれ

かねてより問題となっていたうつ病ですが、症状が著しく回復したため、この度復職を果 ...

4
【アダルトチルドレン関連記事】昔の記憶をあまり思い出せないことと、家族の金銭問題と。自分の人生を生きるために向き合うべきもの

早いもので10月になってしまいました。 日々に追われ汗水たらして働いていた頃と休 ...

5
脳がザワザワする……どうかしちゃってる海外産RPG「Hylics(ハイリックス)」

あまり体調がよろしくない為、ぼんやりネットサーフィンUSAと洒落込んでいたところ ...