大人子供の日々徒然

極めてどうでもいい雑記です。

出掛けた先での車のトラブル、ロードサービスが頼りになる!

2016/09/12

スポンサーリンク

不覚!

今日は天気が良かったので、内陸方面に車を走らせました。
どこか山の上から景色を撮りたいと思い立ち、とある山へ。
細い山道を頂上目指しアクセルを踏んでいると、かなりのスピードで対向車が。
車2台がギリギリすれ違えるほどの道だったので、慌てて左へ回避したところ……

脱輪

ご覧のありさまですよ。

件の対向車は別に止まるでもなくさっさと行っちゃうし。薄情者め(怒)
左側の前後輪ともにハマってしまった為、アクセルをふかしても脱出できる気配はなし。
まぁ、怪我は一切していないし、ガードレールや電柱を壊したわけでもないのは幸いでしたが。

ロードサービスを呼ぶ

さて、JAFには入っていないし、こういう場合でも保険屋さんに電話していいものかな……と思案する間もなく、新たな対向車が。
今度の車はちゃんと止まって、運転していたおじさんが「大丈夫か?」と声を掛けてくれました。ありがたや。
そのおじさんは「保険のロードサービスで何とかなるはずだ」と言い残し、颯爽と去って行きました。サンキュー、おじさん。

やっぱりいいんだね、こういう場合でも保険屋さんに連絡すれば。
堤真一さんが派手に事故って、ロードサービスが駆けつけてくれるCMが頭をよぎりました。

早速、自動車保険でお世話になっている保険屋さんに連絡(注:ア◯サダイレクトではありません)。
ロードサービスの電話番号がわからないので、代理店に直接電話しましたが、すぐ電話に出てくれました。事情を話したところ、すぐにロードサービスを手配してくれるとのこと。

しばらくしてから、「0120」で始まる電話番号から着信が。案の定、ロードサービスのコールセンターからでした。
現在の状況とだいたいの位置を伝え、その後も道幅や怪我の状況、また物損の有無といった情報のやりとりを断続的に行いながら、助けが来るのを待ちました。

救世主、現る

側溝にハマってから約30分、再びコールセンターから着信が。
ロードサービスの手配が完了したことと、現場到着まであと45分掛かるという連絡でした。

「到着までだいぶお待たせしますが申し訳ありません」とのことでしたが、ねぇ。
トラブル発生場所が山中である上に、日曜の午後ですもの。いくら時間が掛かっても助けに来てもらえるだけでありがたいですよ。

そういうわけで、山中でしばらく時間を潰すことになりました。こんな感じのところです。

脱輪現場の山中

もし万が一クマが出没した場合、どうやって倒すかイメージトレーニングをしながら時間を過ごしていると、2tの車両運搬車と4WD車がハザードを点滅させながらやってきました。

来てくれましたよ、ロードサービス!

挨拶もそこそこに、早速作業が始まります。
側溝にスロープを設けた後、4WD車で引っ張って見事脱出に成功!幸い、オイル漏れなどのトラブル発生もない模様。
この作業に伴う費用は掛からないとのことだったので、各種書類にサインした後、丁重にお礼を申し上げてその場を後にしました。

その後、車の車検と整備をお願いしている工場に向かい、走行に支障がないことを確認してもらい、無事に帰宅してこの記事を書いています。

そうそう、保険の代理店にもお礼の電話を入れておきました。一応ね。

ありがたかったこと

お金の面で一切出費をせずに済んだのはラッキーでした。
ロードサービス利用に係る費用がゼロだった上に、お世話になっている整備工場でも確認作業を無料でやってもらい、大変助かりました。

それよりもずっとありがたかったのは、ロードサービスを待つ間にすれ違ったり追い越して行ったりした車の7〜8割が、「大丈夫ですか」「助けは呼んだの?」と、わざわざ止まって声を掛けてくれたことです。

土地勘があるとは言え、山道で予期せぬ出来事に遭遇し多少なりとも不安であることに加え、色々あって微妙ながら人間不信に陥っているなか、声を掛けてもらったことでどれほど救われたか。
ゴツいSUVに乗った、筋骨隆々の4人組のおじさんに至っては、「大丈夫か?この4人で(車を)持ち上げてやろうか?」ですって(笑)
『確かにあなた方ならこの車を持ち上げることもできそうだよね』と思いつつ、あと5分でロードサービスが到着する状況だったので、お気持ちだけ頂戴しました。

とにかく、本当にありがたかったです。まだまだ人間も捨てたもんじゃねぇや!

『困っている人に遭遇したらできるだけ親切にする』を今後の行動指針にします。冗談抜きで。

まとめ

では最後にまとめ、行ってみよう!

■任意保険に加入しておくこと
当然といえば当然ですが、たまに自賠責にしか加入していない人もいるので、やはり任意保険は必要だと思います。

■ロードサービスを頼んでも、翌年の保険料や等級に影響はない
どの保険会社の商品でも、ロードサービスを利用したことだけでは保険料や等級に影響は出ないようです。
ただし、事故が原因で付いた車体の傷を保険で直す場合や、事故で破壊してしまったガードレールや電柱を保険で直す場合などは、その限りではありません。

■軽度な対応であれば、費用は掛からない
今回の筆者のように軽度の対応であれば、費用は掛からないようです。
ただし、事故の内容や保険の種類によって限度額が設けられているようですので、ご自分の保険の補償内容の確認をおすすめします。

■困っている人にはできるだけ親切にしよう!
今回の一件で得た、最も大切な教訓です。

スポンサーリンク

-雑記
-, ,

閲覧数TOP5

1
失神するほど痛い!腎臓結石で激痛がきたらどうする?経験者が対策を伝授します

なんだかキルラキルみたいな題字になっちゃいましたが、まぁいいや。 ちょっと前の記 ...

2
登米市の三滝堂ふれあい公園に行ってきた 2016年・秋

最近は天気の良い日が続いて、ありがたい限りです。多少は外に出ようという気分にさせ ...

3
うつ病が相当よくなったので復職しました。復職して感じたことあれこれ

かねてより問題となっていたうつ病ですが、症状が著しく回復したため、この度復職を果 ...

4
【アダルトチルドレン関連記事】昔の記憶をあまり思い出せないことと、家族の金銭問題と。自分の人生を生きるために向き合うべきもの

早いもので10月になってしまいました。 日々に追われ汗水たらして働いていた頃と休 ...

5
脳がザワザワする……どうかしちゃってる海外産RPG「Hylics(ハイリックス)」

あまり体調がよろしくない為、ぼんやりネットサーフィンUSAと洒落込んでいたところ ...