大人子供の日々徒然

極めてどうでもいい雑記です。

復職してはみたけれど。その他近況・2016年12月

全てがめんどくさく、やる気の起きない日々が続いています。
やる気ゼロとは言え、12月のブログ更新が1回のみというのはさすがにアレなので、復職後の近況などにてお茶を濁そうという趣向です。

スポンサーリンク

復職にまつわるあれこれ

11月から復職し、仕事をしています。
部署が変わったわけでもなく、分量はかなり少なくなったとは言え、仕事内容はほぼ同じです。

治らない

体調はあまりよくありません。
復帰直後〜11月下旬まではそれなりに調子良く過ごしていました。それ以降は上からの当たりが強くなり、メンタルをすり減らしています。
経営者は従業員にあれこれ言ってきちんと仕事をさせるのが役割のひとつですから仕方ないと言えばそれまでですが、『こっちはうつ病から復帰したばかりだぞ。入院もしたんだぞ。ちょっとは勘弁しろ』と言いたくもなります。
最近では席に座っているだけで息が苦しくなる時もあり、『これじゃあ治るもんも治らんよなぁ』といったところです。

うつ病の原因となった会社で、うつ病の原因となったトップのもと、うつ病の原因となった仕事をしていれば、治るものも治らないのは当然のことなのかもしれません。

環境を変えればどうにかなるかも

心身の健康を保つには、今の会社を辞め、違う仕事を探すのが適当だと考えています。
環境を変えれば(≒理解のあるトップに恵まれれば)何とかなるのではないか、と淡い期待を抱いています。

環境が変わって大成した人物として、アメリカ野球殿堂入りを果たした名選手、ルー・ブロックを例に挙げておきます。

ルー・ブロック - Wikipedia

シカゴ・カブスでは平凡な選手と見られていたブロックは、セントルイス・カージナルスに移籍した途端、その才能を一気に開花させました。
引用した記事曰く、ブロックの才能開花の要因はメンタルにあるとのこと。精神的な枷がある状態では、どんなに才能を持った人物でもその実力を発揮できないという好例と言えます。

さすがに、殿堂入りを果たすほどの大選手と自分を比較するのは無理があると理解しています。
では、平凡な一般人である私が環境を変えて、どのような方向性に進むべきなのでしょうか。

自分の身の丈に合わせた人生設計を

転職に成功したとしても、収入はだいぶ減ると思います。それは覚悟の上です。
それでも、とにかく精神的に楽になりたいという思いがあります。

私にも、仕事上での栄達を目指していた時期がありました。割とついこの前まで。
また、この調子で給料が伸びれば次の車はアレを買えるな……5年後にはローンを組んでマンションでも買うたろか……などと俗っぽい欲望を抱いていました。

とは言え、経営者からの期待に応えられるほどの能力はなく、社内の空気が合わないのか注力するポイントがずれているのか、努力してもどうにもうまくいかない。
結果、上からのプレッシャーと叱責に耐えられなくなり、疲れ果てた私はうつ病発症への歩みを着々と進めていたわけです。

仕事を進める上で努力を重ねることは必要だと思いますが、無理に頑張ってうつ病を再発させるのは御免被りたいところです。
バリバリ働いてお金を稼ぐよりも、自分の能力に合わせてほどほどに頑張るほうが自分の性に合っているような気がしています。
自分の身の丈というものを認識し、それに合わせて諦めるものは諦め、心身の健康を重視した日々を送るべく、収入と仕事量と自由時間のバランスをどのあたりに置くか、色々と考える日々です。

『楽に生きても良いんじゃなかろうか』と思えたのは、一番苦しい時期に手に取った、この本の影響があるように思います。

私は、著者のpha氏のように「できるだけ働かずに生きていたい」とは全く思わず、それなりに働いた上でそれなりにお金を使っていきたいと考えていますが、「世間一般の幸福のモデルケースから逸脱しても別にいいじゃない」という考え方には強い共感を覚えました。
「最近しんどい」「会社や学校に馴染めない」といった方には染みる内容です。

趣味に生きる

今後、人生という極めて曖昧模糊とした概念のなかで、何に重きを置くのか。
今の会社に入る直前、mixi日記(懐かしい……)にこんなことを書いた覚えがあります。

これからは、仕事はほどほどにやって、趣味に生きます

今こそ、この精神を全面に押し出して日々を送りたいと考えています。
しかしながら、長期間バランスを見失った生活を送っていたせいで、趣味すらも見失ってしまいました。
絵は下手くそになっているし、かっこいいデザインを目にしても昔ほど血が騒がない。部屋の隅にあるギターを手にとってみても、すっかり弾けなくなっていて盛大に凹む。

希望的観測に過ぎませんが、心に余裕が生まれれば、色々なことに取り組む気分にもなるでしょう。
『何かをこの世に残したい』という沸々とした思いは消えずにあるので、それが大きくなってくれればしめたものです。

その他・近況

その他、ここ一ヶ月前後の近況は以下の通りです。

昔の記事がちょっとだけバズった

12月上旬、何気なくアナリティクスを見てみたところ、ある記事の閲覧数が驚くほど伸びていてビックリしました。
その記事がこちら。

どうやら、はてな匿名ダイアリーでこの記事が取り上げられたことが原因だったようです。

Welqのようなトンデモサイトの運営元企業を特定する方法
大体最近注目されているメガベンチャーは、DeNAみたいにキュレーションメディア(笑)で荒稼ぎをしているものだ。特に、◯期連続成長!なんて謳…

ご覧頂いた多くの方と日記に取り上げて頂いた方に御礼申し上げます。

ことの発端はインチキキュレーションメディア「WELQ」の閉鎖です。
ぼうぼうに燃え上がったWELQから、界隈のキュレーションメディアに次々と延焼し、質の悪さに定評のあったLAUGHYもめでたく閉鎖と相成りました。

「LAUGHY」という単語でGoogle検索を行うと、当ブログの当該記事がかなり上位に表示されてしまっています。
もしかすると、当ブログがLAUGHY批判の急先鋒のように思われているかもしれません。
正直どうでもいいです。それどころじゃないので。
気力が戻ったら、記事をでっち上げるかもしれません。

尚、現在のPV数は従前の通りに戻っております。数日間のプチ「バズ」でした。

人前で芸をすることになった

約1年半ぶりに、人様の前で以前から取り組んでいた芸事を披露することになりました。

間違いなく趣味の一環ではありますが、心の底から楽しいといった類のものでもありません。
「多少真剣にその道を追求すると楽しさがどこかにいってしまう」という現象はよく見られることです。
まぁ、せっかくお誘い頂いた上に協力してくれる方も少なからずいらっしゃるので、しっかり努めたいと思います。
練習している時は余計なことを考えずに済むので、精神衛生上もよろしいかと。

披露は年明け。まず、ほどほどに頑張ります。

スポンサーリンク

-雑記
-, ,

閲覧数TOP5

1
失神するほど痛い!腎臓結石で激痛がきたらどうする?経験者が対策を伝授します

なんだかキルラキルみたいな題字になっちゃいましたが、まぁいいや。 ちょっと前の記 ...

2
登米市の三滝堂ふれあい公園に行ってきた 2016年・秋

最近は天気の良い日が続いて、ありがたい限りです。多少は外に出ようという気分にさせ ...

3
うつ病が相当よくなったので復職しました。復職して感じたことあれこれ

かねてより問題となっていたうつ病ですが、症状が著しく回復したため、この度復職を果 ...

4
【アダルトチルドレン関連記事】昔の記憶をあまり思い出せないことと、家族の金銭問題と。自分の人生を生きるために向き合うべきもの

早いもので10月になってしまいました。 日々に追われ汗水たらして働いていた頃と休 ...

5
脳がザワザワする……どうかしちゃってる海外産RPG「Hylics(ハイリックス)」

あまり体調がよろしくない為、ぼんやりネットサーフィンUSAと洒落込んでいたところ ...