大人子供の日々徒然

極めてどうでもいい雑記です。

イケダハヤト大先生の「サラリーマンブログが超つまらない」に違和感。むしろ一部プロブロガーのブログが超つまらない

2017/07/21

fxxk_probloger

投げ込まれた火種に対し、即座に反応してしまっては向こうの思うツボなのでしょうが、『ちょっとサラリーマンをディスり過ぎだろ……』という思いが強くなったので、取るものも取りあえず反論します。

(ウェブ魚拓)サラリーマンのブログが超つまらない理由:あるいは資本主義の攻略法。 - まだ東京で消耗してるの?

プロブロガーの代表格であらせられるイケダハヤト大先生のブログ記事です。リンク先が魚拓であることはお察しください。言いたいことは腐るほどありますが、サラリーマンブロガーとプロブロガー、それぞれの書くブログの面白さとつまらなさの問題にできるだけフォーカスします。

ていうか、またリライトですか?大先生。

スポンサーリンク

面白い or つまらない……それはあなたの主観に過ぎない

もう、この一言に尽きます。そもそも、ものごとに対して面白いかつまらないかの判断を下す基準が人によりけりなわけです。何を面白いと思うかは個人のセンス次第です。イケハヤ大先生が「サラリーマンブログ超つまらない」と仰るのは、あくまでも大先生の趣味嗜好を反映した個人的見解に過ぎません。

もちろん、その人にとっての「面白い」「つまらない」を表明する自由は担保されなければいけません。個人の独断と偏見によってものごとに裁定を下す行為自体は正当だと思います。ブログはそのためのツールであるという側面もあるでしょう。ですから、大先生が「サラリーマンブログ超つまらない」と思うのも、それを自身のブログで発信するのも自由です。翻って、私が『その“つまらない”は、あくまで貴殿の主観でしょうよ』と思うのも、そういった意見をブログで発信するのも自由なわけです。

私の主観で申し上げるなら、サラリーマンでも面白いブログを書く人はいるし、ブログ専業であるにも関わらず、何の面白みもない記事を量産するプロブロガーも多いと感じています。

「サラリーマンブログがつまらない」理由への反論

イケハヤ大先生曰く、サラリーマンブログがつまらない理由は4つあるようです。各ポイントを引用しつつ、反論したいと思います。

守りに入っている

確かに大先生のご指摘通り、オウンドメディアは面白くないです。「社員ブログ」と名の付くものに対し、面白いと感じたことはありません。その点は大先生の見解に同意します。

ただ、サラリーマンが運営する個人ブログには面白いものがあると思うんですよ。守りに入らず、ソリッドな記事を生産しているサラリーマンブロガーは多いです。有名どころだとフミコフミオさんあたりはゴリッゴリに攻めてますよね。最近大先生がご執心のヒトデさんも働きながらブログを書いていると自己紹介なさっているので、サラリーマンブロガーの範疇に入るのではないでしょうか。

変化が遅すぎる

まずは大先生のブログ記事から引用します。

ぼくら本気のブロガーは、一日中ブログのことを考えています。データを見て、PDCAを回しています。毎日のように書いているので、ブログを書くスピードも上がります。

ぼくは今や、1日15本の記事を生産できます。毎日10本更新を365日続けて、3,650本。サラリーマンブロガーはせいぜい1日に1本でしょうから、365本。そりゃ、上達のペースは違いますよね。はい論破。

更にもう一行。

変化しなければ、成長しなければ、面白くないのです。

ブログの生産性を高めることが成長だという考え方はいささか短絡的だと感じます。
プロブロガーが記事を書いている間にサラリーマンは何をしているかと言えば、仕事をしているわけです。最近は「言われたことをロボットのようにやっておけば良い」という仕事は少ないですよ。アタマを使って仕事をこなさなければサラリーマンは務まりません。
知恵を絞って仕事をこなすことは、仕事を通じて変化し成長することに他ならないのです。そういった変化及び成長は仕事に限定されるものではなく、そこで得られたものはブログのクオリティに大きな影響を及ぼすと考えます。

サラリーマンを見くびってはならない。日々進歩しているのはプロブロガーばかりではないのだ。

みんなと同じようなことしか書けない

これはプロブロガー界隈のことについて言っているのかな?あ、違うの?

同じようなことばかり書いてお茶を濁しているのはプロブロガーのほうじゃないか?と感じます。格闘家の青木真也氏が新刊「空気を読んではいけない」を出版した際、イケハヤ大先生及びその影響下にあるプロブロガー諸氏がこぞってこの書籍のレビューを始めた時にはだいぶ笑わせて頂きました。

【筆者注】
ここで「空気を読んではいけない」のアフィリンクを貼れば良いのでしょうが、私が読んだことのない本は紹介しないのが当ブログの方針ですので、ご興味のある方は各自でお探し下さい。

応援したくならない

それこそ貴殿の主観でしょ。

残酷ですが、安全な立場にいる以上、あなたは応援も、期待もされません。

「この記事は面白いけど、サラリーマンブロガーだから応援しない」という短絡的な考え方の人物が果たしてどのくらいいるでしょうか。また、安全な立場をわざわざ自分から降りて、プロブロガーを目指す人はどれだけいるでしょうか。ブログで得られる収入がどの程度のものなのかはお察しください。大先生も「プロブロガーは無理ゲー」と仰っておられますし。

大先生が仰る通り、サラリーマンは無数にいます。その無数にいるサラリーマンの共感を得られるのは、同じ目線で見ることのできるサラリーマンブログだと考えるのは私だけでしょうか?

同意する点

今回イケハヤ大先生が上梓したリライト記事、その一言一句全てに渡って反論の対象にしようというわけではありません。『うん、まぁそうだよね』という点もあります。例えば……

まさに会社員が集まって書いてる「オウンドメディア」なんかは、つまらないブログの代表格ですよね。

はい。それについては完全に同意します。

あとは美女とか芸能人コンテンツ。民放のお笑い番組でいいじゃん、それ。

おっしゃる通りです。ブログでやる意味がわからない。

あとは「◯◯するなら知っておきたい10選」とかね。キュレーションメディアでいいじゃん、それ。あなたの貴重な人生を割いてまで書く意味はない!

全くその通り。イケハヤ大先生、貴殿の書生及び貴殿の影響下にあるプロブロガーにそれを言ってやって下さい!

よし、前フリが済んだところで本題に入りましょう!

プロブロガーのブログって、面白い?

いや、面白くない(反語)。まぁ、それは言い過ぎだとしても、

  • 会社を早期にドロップアウトしてブログに専念している人物
  • 新卒フリーランスを名乗ってブログに専念している人物
  • 本名を名乗り、顔出しまでしてブログを書いている人物
  • ブログからnoteの有料記事やサロンへの集客を図っている人物

これらの条件をふたつ以上満たすプロブロガーで面白いブログを書いている人物を、私は寡聞にして知りません。だって、炎上目的の記事とレビューとオピニオン記事のオンパレードなんですもの。

炎上目的の記事

「炎上目的の記事」という言葉は聞こえが悪いですね。もう少しマイルドに言えば「PV稼ぎが目的の記事」です。センセーショナルなタイトルと煽り気味の記事内容で、とにかく記事を読ませようとします。そして、あわよくば各種広告及び自身の運営するサロンへの誘導を行い、利益を得ようとします。

ブログのマネタイズには反対しません。私もサーバ代やドメイン代を賄う目的で当ブログに広告を貼っていますから、人のことを悪し様に言う資格はありません。ただ、過激な見出しや記事内容で反響を得ようとするやり方は、品性下劣なスポーツ新聞や女性週刊誌と同様の手口ですから、あまり褒められたものではありません。

レビュー

たまに通販サイトかな?と思えるようなブログに遭遇することがあります。それなりの記事を書いていたプロブロガーが、ある時期を境にレビュー記事ばかり書き始めると「あぁ、お金に困ってるのかなぁ」などと勘ぐってしまいます。

特に書籍のレビューなんて、その内容を延々と引用して、その後にちょこっとコメントを挟めば体裁が整いますからね。『あんた、その本きちんと読んだ?』と言いたくなることうけあいです。

ブログで商品を売ること自体に問題はないのですが、リンクの誘導先や買わせたい商品に関して『それはどうよ……』と感じるものが多々見受けられます。ブログ運営者にとって実入りの良い商材は、往々にして何らかの問題を抱えています。効果が科学的に立証されていなかったり、公序良俗に反していたり。
特に後者に関しては、利用していたブログサービスの規約に反して出会い系サービスのアフィリンクを自身のブログに貼り続け、アカウントを削除された某プロブロガーの事件が記憶に新しいところです。なんていう人だったっけなぁ……この度108年ぶりのワールドチャンピオンになったシカゴ・カブスにまつわる呪い……の動物の部分を日本語訳した名前だった気がするなぁ……(回りくどい)

オピニオン記事

彼らが書くオピニオン記事に対しては、個人的に最も違和感を感じます。どうしても『ふーん、それで?』としか思えないのです。プロブロガーとは、結局のところ「ネットで文章を書き散らしている一般人」に過ぎないわけで、彼らに上から目線でその辺に転がっていそうな一般論をぶち挙げられても、あまり説得力を感じないんですよね。

特に社会人経験が薄いまま、あるいは全くないままプロブロガーになってしまった人物のオピニオン記事には独特の味わいがあります。社会における経験が浅く、書けることが少ないので、結局は意識高い系の自己啓発本から抜粋してきたようなもっともらしいライフハックに終止していると感じます。あまりにもひどい時には、

会社勤めもロクに経験したことのねぇジャリ共に何がわかる?

と言いたくなるのをグッと我慢せねばなりません。

最後に

イケダハヤト大先生のご指摘を参照しつつ、本記事を締めたいと思います。

サラリーマンのブログはダメなんです。もう、読んでて全然面白くない。

え?異論がある?面白いブログはあるじゃないか?

いやー、異論は認めません。じゃあ面白いブログを教えてくださいよ。あるの?つまらないっしょ、それ。

実際、勤め人やっている人のブログで「面白い!」と思った試しがありません。

……うむ、それなら面白いブログを書いているプロブロガーを教えてくれ。

【筆者注】
タイトル画像は当然のごとくネタです。
きちんと使用フォントまで合わせましたよ。游明朝なんですねぇ。

スポンサーリンク

-ブログ
-

閲覧数TOP5

1
失神するほど痛い!腎臓結石で激痛がきたらどうする?経験者が対策を伝授します

なんだかキルラキルみたいな題字になっちゃいましたが、まぁいいや。 ちょっと前の記 ...

2
登米市の三滝堂ふれあい公園に行ってきた 2016年・秋

最近は天気の良い日が続いて、ありがたい限りです。多少は外に出ようという気分にさせ ...

3
うつ病が相当よくなったので復職しました。復職して感じたことあれこれ

かねてより問題となっていたうつ病ですが、症状が著しく回復したため、この度復職を果 ...

4
【アダルトチルドレン関連記事】昔の記憶をあまり思い出せないことと、家族の金銭問題と。自分の人生を生きるために向き合うべきもの

早いもので10月になってしまいました。 日々に追われ汗水たらして働いていた頃と休 ...

5
脳がザワザワする……どうかしちゃってる海外産RPG「Hylics(ハイリックス)」

あまり体調がよろしくない為、ぼんやりネットサーフィンUSAと洒落込んでいたところ ...