大人子供の日々徒然

極めてどうでもいい雑記です。

ヤマザキナビスコ・リッツの美味さに気づいても、もう遅いのだ

災害時の保存食、というカテゴリーがある。阪神大震災以降、近年では東日本大震災を経てさらに重要視されるようになったのではなかろうか。多分。よくわかんないけど。
保存食ゆえ、通常の食品に比べて長期間の保存が可能だ。そりゃそうでしょう保存食なんだしというツッコミは謹んで頂戴しよう。ここいらの下りは、いわゆるひとつの字数稼ぎである。小三治のマクラよりは短いと思うのでお付き合いを願っておく。

そういうわけで、微妙に賞味期限の切れた備蓄食料のおすそ分け(という名の廃棄処分)があった。期限ちょい切れなら食べても全く問題ないでしょうよ、ということで迷いなく食する。

賞味期限はねぇ(パカッ)
ちょっとくらい切れてても(ガサッ)
特に問題なくイケるもんですよ(バリバリッ)
別にナマモノじゃないんだから(ヒョイ)
大丈夫に決まってますわな(パクッ)
それとねぇ(サクサクッ)
保存食ってぐらいだから(ガサッ)
緊急時の食糧ですわな(バリバリッ)
味は二の次二の次(ヒョイ)
食えりゃいいんです食えりゃ(パクッ)
何せ緊急時の(サクサクッ)
食べ物だからねぇ(ヒョイパクッ)
命を繋げりゃいいんですよ(サクサクサクッ)
一刻を争う緊急時にはねぇ(ガサッ)
味なんて高尚なものを(バリバリッ)
気にしてるひまなんぞ(ヒョイパクッ)
ないわけですよ(サクサクサクッ)

……いやいやいや。ちょっと美味すぎだろ、リッツ。

というわけで、今回頂戴した期限チョイ切れの備蓄食料とは皆様御存知ヤマザキナビスコのリッツ。その保存缶である。

今の今までクラッカーの類を買ってまで食べることはなかった。もちろんリッツ然り。「優雅にモッツァレラチーズなりキャビアなり乗っけてろ沢口靖子」もしくは「夜な夜なグレート・ギャツビーみたいなリッツパーティーでも催してろ沢口靖子」くらいだったクラッカーに対する私の認識を、この賞味期限ちょい切れのリッツはサクッと砕いてくれた。ちなみに、ダウンタウンのごっつええ感じで松本人志が扮していた「パーティー行かなあかんねん」と連呼するアングロサクソン系のキャラクター、あれはリッツパーティーに行くものだと思っていた。

まさかここまで美味い食い物だったとは気付かなかったぞ、リッツ。絶妙なサクッと感、絶妙な塩加減、そして期待に違わぬ絶妙な吸水性。口の中、パッサパサ。
それはそれとして、先述の通り保存食が必要となるような緊急時に味のことをとやかく言う暇はない。とは言え、極限の状態で口にしたものが美味ければ精神的に救われるのは揺るぎない事実だ。何を隠そうこの私、東日本大震災の津波から割とギリギリで逃れた経験の持ち主である。波が引いた後に発見した、どこからか流されてきたであろう未開封のポテチ。あれは美味かった。ちょっとだけヘドロと重油の臭いがしたけれど、ありがたく頂戴した。
当時は誰がなんと言おうと極限状態だったわけで、あのさなかに美味いものを食べられたことはまさに僥倖だった。サバイバルする気力が多少は湧いたもの。そんな私自身の体験をもとに「保存食といえどもできるなら美味いほうがいい」理論を提唱したい。

その点、リッツはいいぞ。何せ美味い。絶妙なサクッと感。絶妙な塩加減。私が食した保存缶は賞味期限が製造から5年とのこと。期限がきたら優雅にモッツァレラチーズなりキャビアなり乗っけてリッツパーティーを楽しめる。尚、当然のことながらリッツパーティーの開催は強制ではない故、部屋でひとり、素のままのリッツをポリポリと寂しく食するのもなかなか味わい深い。
欠点を挙げるとしたら、一気食いすると口の中の水分を一気に持っていかれることだろう。この菓子は特筆すべき吸水性を持つ。何らかの原因でこの世から高分子ポリマーが姿を消した際には、代替品としてリッツを採用すれば紙おむつの生産を続けられると保証できるほどに。
そういうわけで、美味いからと言って決して一気食いしてはならぬ。この忠告が守られない場合、貴殿の口の中がタトゥーインの地表のようになることを保証する。解決方法は簡単。ゆっくり食べることだ。自分が沢口靖子になったとでも思いながら、あわてず、騒がず、優雅に、ちびちびと食べるのがよろしかろう。特に災害などの緊急時には、きちんと水分を確保した上で食することを強くおすすめする。

さぁ、読者諸兄に保存食の重要性とリッツの美味さをお伝えしたところで、以下のアマゾンアフィリエイトリンクからリッツの保存缶を買い、私に小銭を恵んで頂きたい。さぁ迷わずクリックを……と言いたいところだが、在庫がないのでリンクを貼っても仕方がない。よしんば在庫があったとしても、よくわからない業者が法外な値段で出品しているケースがほとんどだ。買ってはならぬ。
すでにご存じの方も多かろう。ヤマザキナビスコ・リッツの保存缶が新たに生産されることはない。そして、ヤマザキナビスコという名称の会社はこの世にはない。詳細は以下のリンクをご覧頂きたい。

沢口靖子さんが“最後のリッツパーティ”「28年間ありがとう」 | ニュースウォーカー
女優の沢口靖子さんが8月19日(金)に、AbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」で“最後のリッツパーティ”を開催した。沢口さんはヤマザキナビスコのク...

読者諸兄の愛した、そして私の愛したヤマザキナビスコのリッツはもうない。なぜだ。
別に坊やだからではない。ライセンス契約が終わったからさ。

続編に続く(たぶん)。

スポンサーリンク

-雑記
-

閲覧数TOP5

1
失神するほど痛い!腎臓結石で激痛がきたらどうする?経験者が対策を伝授します

なんだかキルラキルみたいな題字になっちゃいましたが、まぁいいや。 ちょっと前の記 ...

2
登米市の三滝堂ふれあい公園に行ってきた 2016年・秋

最近は天気の良い日が続いて、ありがたい限りです。多少は外に出ようという気分にさせ ...

3
うつ病が相当よくなったので復職しました。復職して感じたことあれこれ

かねてより問題となっていたうつ病ですが、症状が著しく回復したため、この度復職を果 ...

4
【アダルトチルドレン関連記事】昔の記憶をあまり思い出せないことと、家族の金銭問題と。自分の人生を生きるために向き合うべきもの

早いもので10月になってしまいました。 日々に追われ汗水たらして働いていた頃と休 ...

5
脳がザワザワする……どうかしちゃってる海外産RPG「Hylics(ハイリックス)」

あまり体調がよろしくない為、ぼんやりネットサーフィンUSAと洒落込んでいたところ ...