大人子供の日々徒然

極めてどうでもいい雑記です。

追悼・柳家喜多八師匠 + 笑点の新メンバーを予想してみる。

2016/07/06

スポンサーリンク

追悼・柳家喜多八師匠

本日放送のあった笑点(歌丸師匠勇退の回)の話題に入る前に。
去る5月17日に逝去された、柳家喜多八師匠のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

筆者が喜多八師の高座を拝見したのは、2013年、落語教育委員会の仙台公演での「粗忽の釘」が最初で最後でした。
お元気な時から病弱ネタでのらりくらりと始めつつ、徐々に熱のこもった噺に移行するスタイルだった喜多八師。
好事家の間ではその実力が知れ渡っている、本物の噺家さんでした。

あの時の粗忽の釘、たっぷり笑わせて頂きました。忘れることはないでしょう。

笑点の新メンバーを予想してみる。

rqkugo_02

さて、笑点の新司会者が春風亭昇太師匠に決まりましたね。

歌丸師匠不在時の司会者持ち回りでも、うまいこと場を仕切っていたし、
若手大喜利での実績もありますし、なかなかいい人選なんじゃないかなぁと思います。

さて、回答者席が一席空きましたね。
新メンバー追加のアナウンスは今日の放送では行われなかったので、しばらくは現メンバーで廻すのかもしれませんが、もし新メンバーが入るとすれば誰になるのか?を考えてみたいと思います。

協会毎の割り振り、あると思います。

現在活躍している噺家さんは、九分九厘下記団体のいずれかに所属しています。

  • 落語協会(柳家小三治・柳亭市馬・柳家喬太郎など)
  • 落語芸術協会(桂歌丸・三遊亭小遊三など)
  • 五代目圓楽一門会(三遊亭圓楽・三遊亭好楽など)
  • 落語立川流(立川志の輔・立川談春など)

本日放送直前の状況は、以下の通りです。
(敬称略、カッコ内は左から所属団体・役職・本日時点での年齢)

司会者:桂歌丸(落語芸術協会・会長・79)
回答者:三遊亭小遊三(落語芸術協会・副会長・69)
回答者:三遊亭好楽(五代目圓楽一門会・会長・69)
回答者:林家木久翁(落語協会・相談役・78)
回答者:春風亭昇太(落語芸術協会・理事・56)
回答者:六代目三遊亭圓楽(五代目圓楽一門会・幹事長・66)
回答者:林家たい平(落語協会・理事・51)

ご覧の通り、回答者席は落語協会・落語芸術協会・圓楽一門会それぞれふたりずつと、うまく割り振りされています。
恐らく、新メンバーは落語芸術協会から補充されると予想しています。
ただ、どうなるかは神のみぞ日テレの人のみぞ知るので、他の団体で候補と言われている噺家さんについても触れたいと思います。

落語芸術協会

■桂宮治(39)
まだ二つ目(真打の一歩手前)ですが、どんどん力をつけている芸協期待の星。
真打になった暁には芸協を代表する噺家になることは間違いありません。
二つ目での大喜利メンバー就任は、過去に幾度も例がある(林家こん平・好楽・当代圓楽など)ので問題ないでしょう。
若手大喜利メンバーとしても活躍中であり、内部昇格という線も大いにありえます。

■桂枝太郎(38)
すでに真打であり、昨年のTwitter炎上騒動で図らずも名前が知れ渡りました。
キャラ立ちが必須の大喜利でも、「炎上枠」という新たなジャンルを開拓できるのでは(笑)
笑点では、座布団運びのアシスタントを勤めています。
ちなみに例の炎上騒動、筆者も仰ることはもっともだと思いますが、SNSに投稿するのではなく、毒舌をたっぷり織り込んでマクラのネタにすれば絶対ウケたのに……それが噺家というものだと思うのですが、どうでしょう

■春風亭柳好(48)
一般的な知名度は低いかもしれませんが、若手大喜利などで実績を積んでおり、内部昇格の可能性が大いに考えられます。
新司会者である昇太師の弟弟子です。

■滝川鯉昇(63)
芸協で、筆者が最も好む噺家さんです。
年齢面を考えると可能性はゼロに等しいですが、笑点出演で、もっと多くの人に存在を知って欲しいなぁ、と。

落語協会

■柳家喬太郎(52)
古典と新作、どちらも切れ味バツグンの超実力派です。
はっきり言って、笑点に出なくても独演会だけでたくさんの観客を呼べます。

■春風亭一之輔(38)
若手最強の一角。強烈な毒を吐くマクラと奇想天外な独自の解釈が鮮やかな古典落語で、落語界の次代を担う存在と言っても過言ではありません。
筆者個人の願いとしては、笑点に出て更に名前を売るよりも今のペースで研鑽を積み、一之輔の名前を大名跡にして欲しいです。

■二代目林家木久蔵(40)
木久扇師の実のご子息。もし親子揃って大喜利の回答者になれば、話題性という面で上記の二人よりも可能性は高いかもしれません。

五代目圓楽一門会

■三遊亭兼好(46)
大変失礼ながら、圓楽一門会は人材不足です。現時点でまともな人材はこの人くらいしか……
ちなみに、好楽師の一番弟子です。

落語立川流

■立川志の輔(62)
人気・実力を最高レベルで兼ね備えた、現在の落語界で最も観客を呼べる噺家のひとり。
ネットでは有力候補とされていますが、新メンバーになる可能性はゼロに等しいです。
日本のプロ野球に、最上位のメジャーリーガー(全盛期のアルバート・プホルスとか、ミゲル・カブレラとか、デレク・ジーターとか)が来るようなものです。例えが分かりづらいですが。

■立川談春(49)
同じく立川流の実力者。最近は役者としてもご活躍ですね。
「最もチケットが取れない落語家」と称されるように、この人も笑点への出演がなくても十分に観客を呼べます。

結局、誰が候補?

何だか書いているうちにわからなくなっちゃいましたが、筆者は

本命 桂宮治
対抗 春風亭柳好
大穴 桂枝太郎二代目林家木久蔵

ということにしたいと思います。
当たるも八卦当たらぬも八卦。

最後に

歌丸師匠、長い間大変お疲れ様でした。
今後はライフワークでもある円朝噺に取り組まれるかと思いますが、くれぐれもご自愛下さい。

 

スポンサーリンク

-ニュース
-

閲覧数TOP5

1
失神するほど痛い!腎臓結石で激痛がきたらどうする?経験者が対策を伝授します

なんだかキルラキルみたいな題字になっちゃいましたが、まぁいいや。 ちょっと前の記 ...

2
登米市の三滝堂ふれあい公園に行ってきた 2016年・秋

最近は天気の良い日が続いて、ありがたい限りです。多少は外に出ようという気分にさせ ...

3
うつ病が相当よくなったので復職しました。復職して感じたことあれこれ

かねてより問題となっていたうつ病ですが、症状が著しく回復したため、この度復職を果 ...

4
【アダルトチルドレン関連記事】昔の記憶をあまり思い出せないことと、家族の金銭問題と。自分の人生を生きるために向き合うべきもの

早いもので10月になってしまいました。 日々に追われ汗水たらして働いていた頃と休 ...

5
脳がザワザワする……どうかしちゃってる海外産RPG「Hylics(ハイリックス)」

あまり体調がよろしくない為、ぼんやりネットサーフィンUSAと洒落込んでいたところ ...