大人子供の日々徒然

極めてどうでもいい雑記です。

登米市の三滝堂ふれあい公園に行ってきた 2016年・秋

2017/09/23

img_1535

最近は天気の良い日が続いて、ありがたい限りです。多少は外に出ようという気分にさせてくれます。
暦はすでに10月半ば。北の方では紅葉も見頃になっているようですね。私が住んでいるところは海沿いなので紅葉はまだですが、「山の近くに行けばいくらかは色付いているかな」と思い、葉っぱに色が付く木の生えていそうなところへ出掛けることにしました。

スポンサーリンク

三滝堂ふれあい公園(宮城県登米市)

ドライブがてら行けそうな、それでいてあまり遠くない、葉っぱに色が付く木の生えていそうなところ……と言えば、ここが思い付くのです。宮城県登米市東和町の三滝堂ふれあい公園。
「紅葉の時期になったら三滝堂に行ってみよう」と思い始めてかれこれ4年。やっとのことで重い腰を上げました。

ここはいわゆる親水公園ってやつですかね。山のなかの渓流沿いに遊具やらキャンプ場やらが併設されていて、「自然に触れ合えますよ」感満載のところです。登米市のウェブサイトには「春は新緑の中で散策、夏は水遊びやバーベキュー、秋には芋煮会など……」なんてことが書いてありますね。

典型的な「おじいちゃんもおばあちゃんもおとっつぁんもおっかさんもあんちゃんもねぇちゃんもご家族皆様でお気軽にお楽しみ頂けますぜ(筆者注:字数稼ぎ)」スポットです。

とは言え、真っ昼間にノコノコ出掛けると「芋煮やバーベキューを楽しむリア充様」「遊具で遊ぶ子供の群れ」「幸せそうな家族連れ」といった、見ただけで心がアレになる人達と遭遇する恐れがあるので、日も傾きかけた頃にコソコソ這い出すわけです。

写真を撮ってきた

そういうわけで、三滝堂ふれあい公園についた頃にはすでに午後4時。さすがにそんな時間でしたから、人影もまばら。最も危惧された「幸せそうな家族連れやリア充様御一行がこぞって芋煮をする光景 a.k.a 地獄絵図」に出くわすこともなく、西日の差すなかバシャバシャ写真を撮ってきました。

img_1614

公園に入ってすぐのところに、煮炊きをするための施設があります。

 

img_1597

公演での煮炊きやキャンプ場の利用可能期間は4月から11月まで。冬の間は利用不可です。雪が積もりますからね。

 

img_1536

北上川の支流、大関川。北上川との合流地点から2.5kmほど上流に、この公園はあります。

 

img_1593

護岸には、川に入るための階段があります。
水深が浅く、流れも緩やかなため、夏は川遊びを楽しめます。

 

img_1527

水はとてもきれいです。

 

img_1531

接写。

 

img_1516

魚道が設けられていますので、魚が登ってくるんでしょうね。残念ながら、この日は魚影を確認することはできませんでした。以前聴いた話だと、ヤマメがいるようです。

 

img_1535

川岸に栗が落ちていました。再び接写。

 

img_1548

落ち葉も流されてきて、岸辺に折り重なっています。懲りずに接写。

 

img_1588

色付いている木もちらほら見かけました。

 

img_1521

川の流れが緩いので、こんな画も撮れました。鏡の水面。

 

なかなかいいところ。人がまばらであればなおさら。

img_1519

この公園に対しては「ここはしっかりと管理されているなぁ」という印象を持っています。管理棟にはきちんと人がいますし、遊歩道にゴミが落ちていることもなく、トイレもまぁまぁ清潔。自販機も何台か設置されていて、たっぷり遊んだ後の水分補給に支障がでることはありません。

夏になると、それこそ芋の子を洗うような賑わいになります。「三滝堂ふれあい公園じゃなくて、登米市営プールじゃないの?」と言いたくなるほど、山のなかに人が集結します。ここはお子たちの水遊び場所としては好ましい場所ですから当然かもしれませんね。水深も浅い上に流れも緩やかなので、親御さんも安心して遊ばせることができますから。

そういうわけで、「I hate 人混み」な私としては夏場以外の時期をおすすめします。私の経験上、午後3時以降は人もまばらになりますので、そういった時間帯を狙うのが吉。ひとり静かに季節の移ろいを感じるにはなかなかの好スポットだと思います。

三滝堂インターと道の駅効果で、平成29年以降はさらに混雑する?

Googleマップで見ると思いっきり山のなかだと思われがちなこの公園。まぁ、確かに山のなかであることは否定できないのですが、意外とアクセスがいいんですよ。三陸自動車道の三滝堂インターができたことで、ますますアクセスが良くなりました。
更に、この三滝堂インターのすぐそばに「道の駅・三滝堂」が開業予定(平成29年3月31日)とのこと。来年以降、ここが夏場のレジャースポットとして今以上に流行りそうな予感がします。

暑い盛りには「芋の子を洗う」どころじゃなくなりそうです。バングラデシュ並の人口密度になったりして。

なかなかの好スポットであることは割と周知の事実なので、アクセスが良くなることで夏場以外も混むようになる気がしてなりません。あぁ、安息の地が失われる……ということで、今のうちに通っておこうかと画策しています。もう少し紅葉が進んだら、また写真を撮りに行くつもりです。

スポンサーリンク

-
-,

閲覧数TOP5

1
失神するほど痛い!腎臓結石で激痛がきたらどうする?経験者が対策を伝授します

なんだかキルラキルみたいな題字になっちゃいましたが、まぁいいや。 ちょっと前の記 ...

2
登米市の三滝堂ふれあい公園に行ってきた 2016年・秋

最近は天気の良い日が続いて、ありがたい限りです。多少は外に出ようという気分にさせ ...

3
うつ病が相当よくなったので復職しました。復職して感じたことあれこれ

かねてより問題となっていたうつ病ですが、症状が著しく回復したため、この度復職を果 ...

4
【アダルトチルドレン関連記事】昔の記憶をあまり思い出せないことと、家族の金銭問題と。自分の人生を生きるために向き合うべきもの

早いもので10月になってしまいました。 日々に追われ汗水たらして働いていた頃と休 ...

5
脳がザワザワする……どうかしちゃってる海外産RPG「Hylics(ハイリックス)」

あまり体調がよろしくない為、ぼんやりネットサーフィンUSAと洒落込んでいたところ ...