大人子供の日々徒然

極めてどうでもいい雑記です。

転職サイトでスカウトを受けたい時、必ず押さえて欲しいこと。

2016/12/03

通勤風景

転職の際に、転職サイトを利用するのはすっかり当たり前になりましたね。

筆者も、何度かお世話になっています。
はっきり覚えていないのですが、面接にこぎつけたこともあったような。

スポンサーリンク

転職サイトの利点

書くまでもないでしょうが、文字数稼ぎにお付き合い下さいませ。

■無料
登録・各種サービス利用は全て無料です。求人企業から内定をもらっても、それによって手数料が発生するということはありません。安心してガンガン使い倒しましょう。
さすがに、ネット接続にかかる通信費までは面倒みてくれませんけどね。

■ユーザー限定の求人あり
ほとんどの求人サイトは、ユーザー登録をしなくとも求人検索機能を使えます。
ただし、これは釣りでいうところの撒き餌のようなもので、ユーザー登録して初めて閲覧できる求人が存在します。

■企業側からスカウトが来る……かも
ユーザー登録後に入力するプロフィールは、求人企業側に匿名で公開されます。
これを見て、求人企業が興味を持った場合、スカウトのお知らせが来ます。
企業側の興味の度合いにより、スカウトのランクは様々で、
「履歴書と職務経歴書を送ってきてもいいのよ?」
くらいのニュアンスから、
「書類審査は省くから!面接させて!お願い!」
くらいのニュアンスまで、何段階かに分かれます。
各段階の名称は転職サイトによって違うので、ここではニュアンスだけお伝えします。

■その他
大手サイトには必ずと言っていいほど「職務経歴書の書き方」や「円満退職の仕方」など、転職時に役立つコンテンツが掲載されています。
また、著名人の仕事についてのインタビューなど、興味深い記事も多く、読み物としてもなかなか充実しています。

いやぁ、本当に誰でもご存知のことしか書いてませんね。
とりあえず、ハローワークを利用した求職と違う点は、
「企業側からスカウトされることもある」
というところですね。ひとまず、これだけは押さえておいて下さい。

転職サイト・登録の流れ

転職サイトはいくつもありますが、
登録の流れはどこでもほぼ同じです。

  1. ユーザー登録
  2. プロフィール入力
  3. 完了・各種サービス利用可能に

こんなところでしょうか。

どの転職サイトでも、ユーザー登録後、プロフィールの入力を行います。
ここで入力するプロフィールが、企業の採用担当者が求職者のスキルを判断する材料となります。
ハローワーク経由の求職で用いる履歴書や職務経歴書と同等のものと考えて下さい。

この「プロフィール入力」に関して、特に企業からのスカウトを待つ場合、筆者の経験上『こうするべきだ!』と断言することがひとつだけあります。

御用とお急ぎの方も、ここだけは見ていってちょうだい!

それは、

プロフィール公開後は二度と修正をしないつもりで、もれなくキッチリと書く!

ということです。

もちろん、プロフィールの修正は可能です。
新たに資格を習得した時、仕事で大きな成果を成し遂げた時などは、積極的にプロフィールを更新するべきでしょう。

では、なぜ一発勝負のようなことをおすすめするのか。それは、

スカウトを受けたい時は、初動が重要!

だからです。
順を追って、筆者の経験を交えつつ説明しますね。

初動が重要な理由。その1

転職サイトの利用にはお金がかからないことはもうご存知ですね。
では、転職サイトの運営費用はどこから調達しているのでしょうか?

これも皆様ご存知でしょうが、求人企業から掲載料を取っているのです。
大手サイトの場合、掲載料は一ヶ月でウン十万円!
(某転職サイトからの請求書を見たことがあるので……)

大規模に事業を展開していて資金の潤沢な企業、またはいくらでも使い捨てられる兵隊が欲しい企業であれば、通年で求人を掲載していますが、湯水のように資金を使える企業ばかりではありません。いい人材を広範囲から募りたいとは言え、資金の関係から一ヶ月〜数ヶ月で掲載を終了してしまう企業も多いのです。
そういった企業の採用担当者は、限られた期間のなかで、どのような人材が自社にマッチするか、それこそ血眼になって転職サイトの管理画面と向き合います。

資金が潤沢な企業でも基本的な状況はあまり変わらないと考えられます。
長期間に渡り求人を掲載するということは、それだけ人材が不足していると捉えて構わないでしょう。そのような企業の採用担当者も、即戦力になりそうな人材を探し、管理画面に貼り付いていることでしょう。

また、大手サイトであればあるほど、条件のいい求人であればあるほど、サーバを隔てて何千何万という求職者、言わばライバル達がPCやスマホに向かっています。
彼らの多くが、完全に記述されたプロフィールを引っさげているとしたら……

採用担当者の立場になって考えてみて下さい。
限られた期間で、数百人の候補者のなかから最適な人材にスカウトを出さなければなりません。
スカスカのプロフィールとキッチリ書かれたプロフィール、どちらを優先しますか?

答えは言うまでもありませんね。

企業の採用担当者が忙しければ忙しいほど、同じ人のプロフィールは一度確認するだけで、二度目の確認はしない場合が多いようです。

スカウトを待つ場合、求人企業に自分を売り込むチャンスは意外と限られているのです。だからこそ、初動で万全な対応を行うべく、準備することが必要なのです。

以上は某社在籍時、大手転職サイトに求人を出した際の事実に基づき、当時の人事担当者との会話を思い出しつつ、筆者の見解を織り交ぜて書きました。
長くなったので、まとめてみますね。

  1. 求人の掲載はかなり高価で、期間を区切らざるを得ない。企業の採用担当者は、限られた期間で求職者を見極める必要がある。
  2. 長期間に渡り求人を掲載している企業も、多数の応募者から求職者を見極める必要がある。
  3. 求人企業は、不備のあるプロフィールが充実することを待ってくれるほど暇ではない。
  4. 条件のいい求人であればあるほど、ライバルが多い。
  5. スカウトを待つ場合、上記4つの理由により求人企業に自分を売り込むチャンスは限られてくる。チャンスを逃さず、初動で万全な対応をする必要がある。

初動が重要な理由。その2

冒頭に書きましたが、筆者は何度か転職サイトのお世話になっています。
厳密に数えてみると、お世話になった回数は3回でした。

1回目は2008年の春、当時在籍していた会社を退職した時。
2回目は2013年の年明け、当時の上司があまりにも嫌で転職を目指した時。
3回目は2014年の秋、転職市場での自分の価値を知りたい気持ちから、それぞれ転職サイトに登録しました。

1回目はまだ20代の頃だったので、それなりのスカウトを、
2回目は準備不足でほとんどスカウトがなく、
3回目は前回の反省を活かし、プロフィールに力を注いだところまあまあな数のスカウトを、それぞれ頂きました。

この3回の転職サイト登録で、共通することがひとつだけありました。
それは、

スカウトが集中するのは登録直後〜登録後三ヶ月のあいだ

だったことです。

これは筆者の予想ですが、転職サイトの求人企業側の管理画面には、新規登録者を抽出する機能がついているのではないでしょうか。もしくは、デフォルトで新規登録者が管理画面で優先して表示されるのかもしれません。

前段で初動が重要!と書いたのは、この経験に基づきます。

そういうわけで、転職サイトでスカウトを受けたい場合、プロフィールの完全記述に向けての万全な準備を行った上でサイトに登録することを、筆者の経験に基づき強くおすすめします。
間違っても、昼休み中に職場のPCを拝借してチョチョイのチョイ、ではいけません。
充分に時間を取って、ゆっくりじっくり考えて書いて下さい!

もちろん、スカウトを受ける前提ではなく、こちらから積極的に攻める場合は前述の限りではありません。
求人に応募したい企業を見つけたら、経歴詐称にならない範囲でプロフィールの文言を変えていくのも大いにアリだと思います。

転職を考えている方に、ピッタリの求人があることを心からお祈りします。
尚、筆者も4回目の転職サイト登録が近い模様。

スポンサーリンク

-ライフスタイル
-

閲覧数TOP5

1
失神するほど痛い!腎臓結石で激痛がきたらどうする?経験者が対策を伝授します

なんだかキルラキルみたいな題字になっちゃいましたが、まぁいいや。 ちょっと前の記 ...

2
登米市の三滝堂ふれあい公園に行ってきた 2016年・秋

最近は天気の良い日が続いて、ありがたい限りです。多少は外に出ようという気分にさせ ...

3
うつ病が相当よくなったので復職しました。復職して感じたことあれこれ

かねてより問題となっていたうつ病ですが、症状が著しく回復したため、この度復職を果 ...

4
【アダルトチルドレン関連記事】昔の記憶をあまり思い出せないことと、家族の金銭問題と。自分の人生を生きるために向き合うべきもの

早いもので10月になってしまいました。 日々に追われ汗水たらして働いていた頃と休 ...

5
脳がザワザワする……どうかしちゃってる海外産RPG「Hylics(ハイリックス)」

あまり体調がよろしくない為、ぼんやりネットサーフィンUSAと洒落込んでいたところ ...