大人子供の日々徒然

極めてどうでもいい雑記です。

拝啓、キュレーションメディアLAUGHY(ラフィ)様。誤った内容の記事と中身の薄い記事、なんとかなりません?

2016/12/09

pak89_shibuyanomachiwoseisou_tp_v

先月、キュレーションメディアに関するこんな記事を書きました。

要約すると、

  • キュレーションメディアには、パクリ記事や取るに足らない記事が多い
  • 検索エンジンでの上位表示に力を入れているため、パクラレ元の記事を始めとする有用なコンテンツが埋もれてしまう
  • キュレーションメディアに記事を提供するライターは、特に病気に関するものについては明確な出典を併記するべきである
  • キュレーションメディアの記事は参考程度に留めたほうがいい。特にキュレーションメディアの記事を根拠として病気の自己診断をするのはおすすめしない

という感じです。ネット上の情報につき、間違っているものも多いわけです。では、これを踏まえて頂いた上で次へ。

スポンサーリンク

ひどい間違いを見つけた

同じく先月になりますが、こんな記事も書いています。

『今のキング・クリムゾンの動画だ! イヤッホォォォォォォイ!!!!!!!!!!』と、むやみに高いテンションで書いた記事ですが、そのなかに

「Starless(スターレス)」は1974年発表のアルバム「Red」の最終トラックに収録されている曲です。俳優・高嶋政宏氏の本名(?)である「スターレス高嶋」の由来になった曲と言えばわかりやすいでしょうか。

という一文を差し込みました。
「プログレのことを語りだすと全く空気を読まなくなる」「ドリーム・シアターをディスって炎上した」などといった数々のエピソードで、プログレファンの間では極めて有名なスターレス高嶋氏ですが、「なにか新しいネタが加わっているかもしれない」と思い、上記の記事を書く際にとりあえずググったんですよ。で、上位に表示されていたのがキュレーションメディア「LAUGHY(ラフィ)」のこの記事。

LAUGHYからのお知らせ | LAUGHY

【H28.12.09追記】
LAUGHY全記事削除につき、記事を参照できなくなりました。魚拓を取っておけばよかった……
タイトルを忘れてしまいましたが、「高嶋政宏氏がプログレとKISSが好きだよ」という内容でした。

この記事に目を疑いたくなる衝撃の一文が。

高嶋政宏は、プログレでも特にKISSが好きらしい

助けてくれ……このライター、KISSをプログレと思い込んでる。

これ、ひどくないですか?もっと言っちゃえば、KISSもプログレも理解していないんでしょうね。この記事を書く時にKISSの曲を聴いてみたんでしょうか。キング・クリムゾンの「スターレス」を一度でも聴いたことがあるんでしょうか。ないに決まってますわ、こんなん。スターレス高嶋氏がカヴァーした「starless」は載っけているので、それだけは聴いたかもしれませんが。
しかも、KISSのメイクをした状態の高嶋政宏氏を「スターレス高嶋になっている高嶋政宏さん」と書いていやがる……もうどこから突っ込んでいいやら。

勝手に思い込んでいるだけなら別にいいんですよ、周りに被害が及ばなければ。しかしねぇ、間違った情報をばらまいちゃいけませんぜダンナ。しかも「スターレス高嶋」でググると思いっきり上位に表示されてるし(H28.10.01現在、Google検索で第3位)。

なんでしたっけ? LAUGHY(ラフィ)? オトナ女子にもっとハッピーな休日を? とりあえず噴飯物のキャッチコピーは置いておきましょう。こんな間違いを載せちゃ、オトナ女子が誤解しちゃうでしょうが。
で、どこが運営してるんだよこのキュレーションメディア、と思い運営会社を見てみると「株式会社Laughy」の文字が。自社サイトへの誘導もないので、「株式会社Laughy」でググると、株式会社Speeeという会社がトップに出てきました。しかし、ここの自社サイトを掘っても掘ってもラフィーのラの字も出てこない。サイトマップもないから分かり辛いし。Yahoo!知恵袋やTwitterには「LAUGHYの運営はSpeeeが行っている」という情報がありました。どうやら株式会社Laughyと株式会社Speeeの所在地が同じ模様です。
何にせよ、運営実態がグレーな時点でLaughyがちょっとアレなものであると思われても仕方ないですよね。その点においては、まだWELQのほうがマシです。

もっとひどいの見つけた……

さて、「KISSプログレ説」という世間の常識を覆す驚愕の学説を提唱した先生(=ネット上に誤った事実を放流したライター)の記事に触れてみたくなり、少し掘ってみました。

LAUGHYからのお知らせ | LAUGHY

【H28.12.09追記】
こちらの記事も、LAUGHY全削除につき参照不能……
タイトルは「ザ・ビートルズの名曲」的な感じだったはずです。

この記事から抜粋したものを転載します。

【HEY JUDE】
1968年リリース。音楽の教科書にも掲載される。サントリー『ザ・プレミアム・モルツ』のCMソング

【Yesterday】
1965年リリース。下校時刻のお知らせでお馴染みの曲。音楽の教科書にもお馴染みになった。

【Help!】
1965年リリース。テレビ東京『開運!なんでも鑑定団』,NHK『英語でしゃべらナイト』のテーマソング。ある店ではこの曲が流れるとレジが混んでいますよ!というお知らせ。

【Let It Be】
1970年リリース。映画『レット・イット・ビー』のテーマ曲、映画『悪霊島』(1981)主題歌。音楽の教科書にも掲載される。

【Ob-la-di, Ob-la-da】
1968年リリース。東武鉄道小泉線西小泉駅の発車メロディ。アサヒビール『アサヒオフ』のCMソング。

【All You Need Is Love】
1967年リリース。NTTドコモのCMソング。映画『ムーラン・ルージュ』(2001)の劇中歌。

【Get Back】
1969年リリース。

【She Loves You】
1964年リリース。

【Please Please Me】
1963年リリース。ホンダ(HONDA)『Nシリーズ』(2014~2015)のCMソング。

……恐らく、当記事をご覧の皆様と私が思っていることは同じだと思います。では、ご唱和下さい。

薄ッ!

パラフィン紙かな? 病院食の塩加減かな? F-104戦闘機の主翼かな?
とにかく「他にもっとあるだろ……」と言いたくなる内容の薄さ。タイアップと教科書掲載とリリース年しか書くことがないんでしょうか。憤りを通り越して笑ってしまうレベルです。転記していて切なくなりましたよ。一応参照サイトは書いてあったのですが、そこの内容からして薄いんですもの、もうちょっと参照先を考えないと。

音楽に興味ない人が書いているんじゃなかろうか

万が一、この記事が「多少知識のある人を対象に『間違ってるわ!』あるいは『内容、薄ッ!』というツッコミを入れさせて余暇を潰してもらう」という目的ならとても良く書けていると思いますが、どう考えてもそうじゃないでしょう。
ひしひしと感じられるのが『音楽とか、別に好きじゃないんだろうな』ということ。少なくともキッスとキング・クリムゾンとビートルズへの興味はないんでしょう。さっぱり愛が感じられないですもの。とりあえず我らが同志、スターレス高嶋氏に謝って下さい。

LAUGHY関係者の方、こんなことじゃあ信用なくしますよ。記事の質がライターに左右されるのは仕方ないでしょうが、運営会社としてのリテラシーはどこにあるんです? まぁ、はっきりとした運営実態が掴めない(≒掴ませない)のは故意なんでしょうから、リテラシーなんてどこ吹く風なのかな?

最後に。
オトナ女子!「アイツらはこのくらいの記事でいいだろ、フフッ」程度に思われてるぞ! おちょくられてるんだぞ! いいのか!

スポンサーリンク

-ブログ
-,

閲覧数TOP5

1
失神するほど痛い!腎臓結石で激痛がきたらどうする?経験者が対策を伝授します

なんだかキルラキルみたいな題字になっちゃいましたが、まぁいいや。 ちょっと前の記 ...

2
登米市の三滝堂ふれあい公園に行ってきた 2016年・秋

最近は天気の良い日が続いて、ありがたい限りです。多少は外に出ようという気分にさせ ...

3
うつ病が相当よくなったので復職しました。復職して感じたことあれこれ

かねてより問題となっていたうつ病ですが、症状が著しく回復したため、この度復職を果 ...

4
【アダルトチルドレン関連記事】昔の記憶をあまり思い出せないことと、家族の金銭問題と。自分の人生を生きるために向き合うべきもの

早いもので10月になってしまいました。 日々に追われ汗水たらして働いていた頃と休 ...

5
脳がザワザワする……どうかしちゃってる海外産RPG「Hylics(ハイリックス)」

あまり体調がよろしくない為、ぼんやりネットサーフィンUSAと洒落込んでいたところ ...