大人子供の日々徒然

極めてどうでもいい雑記です。

【アダルトチルドレン関連記事】自分の仕事は誰かが代わってくれる。問題はそれを気に病むか、気楽に考えるか

n912_aozoratosoudensen_tp_v

さて、明後日から休職4ヶ月目突入です。当初はここまで長引くと思いませんでした。一ヶ月くらい休んで、とりあえず復職して、様子を見て辞めようかな……という算段でしたが、今までさんざん書いた通り、会社に近付くと具合が悪くなるという有り様。頭空っぽの状態であれば、何の問題もなく過ごせるのには変わりないんですけどね。

スポンサーリンク

仕事、それなりに回ってるみたい

先程、久しぶりに某取引先から私の携帯に電話が入りました。休職している旨を伝え、会社の固定電話への連絡をお願いしました。この電話を受け、改めて思ったのが「あー、なんだかんだでちゃんと会社は回ってるんだなぁ」ということです。

今回の取引先との商売、いつも船荷での納品になるんですよ。この場合のおおまかな業務の流れは、出荷数量の提示・取引先との価格交渉・成約・出荷日程の調整・仲介業者に船便の確認・出荷準備・出荷時の立会い……といったところなのですが、これを私がやっていたんですね。この業務を誰かが一人で担当しているのか、それとも作業別に何人かで分担しているのかはよくわかりませんが、私がいなくても仕事はそれなりに回っているようですね。

再掲:自分でなければできない仕事は、ほとんど存在しない

当然のことながら、自分がやっていた仕事は誰かが代わってくれるということです。つまり、組織の枠組みの中においては、自分でなければできない仕事はほとんどないと考えても良いと思います。休職開始当初の記事で同じようなことを書いていますが、今日はそのことを改めて認識しました。

伝統工芸のように高度な職人技が必要とされたり、画家やミュージシャンのように当人の作家性が必要とされるような仕事でない限り、世の中の大多数の仕事は人員の換えが効きます。長い年月を経てノウハウの蓄積が行われ、ある程度の経験を積めば誰でもそれなりにその仕事をこなせるよう、標準化あるいは最適化されています。

もちろん、個々の能力差や適性が関係してくるので、例えば「世の中の誰もが営業職を問題なくこなせる」とは決して言えませんけどね。

自分の仕事は換えが効くという事実。どう考えるか?

さて、「自分の仕事は誰かに取って代わられるものである」という事実に向き合うと、以下のような考えが浮かんできます。

  1. 気に病む
  2. 気楽に考える

私はどちらかと言えば【1.気に病む】に近い考え方でしたね。「他の人が代わりに仕事してくれてるなぁ……代わりが効くなら、これまで頑張ってきたことに意味はあったんだろうか……」といった感じです。このネガティブな思考には、私のなかに根を張っている「アダルトチルドレン」的傾向が大きな影響を及ぼしています。

以前の記事でも多少言及した通り、アダルトチルドレンの特徴のひとつとして、自己愛や自己肯定感の希薄さが挙げられます。

有り体に言うと、私にとって自分の価値を担保してくれるのは仕事だけでした。
私には自己愛や自己肯定感が全くないので、「自分は存在しているだけで価値がある」とか「ありのままの自分で他者から認められるはずだ」などといった感情を持ち合わせていません。では、心にぽっかりと空いた空洞をどのように処置してきたか。私はその空洞を仕事で埋め合わせてきたんです。

例えば、仕事における責任感は他のどんなことよりも優先されるべきであると考え、必要ならば時間外の勤務にも対応してきました。残業代がどうのこうの言われれば、適度な時間でタイムカードを打刻し、サービス残業をしたことも一度や二度ではありません。又、自分以外の人がやってしまった失敗に対して「会社が円満に回るなら」と、その責を負うこともしてきました。
経営者でもないのに何を好き好んで重荷を背負い込んでいたのか、今となっては自分でも理解に苦しみますが、当時は何の疑問も持っていませんでした。何かで認めてもらいたくてもうまくいかない、例え認めてもらっても充足感が得られない……満たされないものを補う手段として、仕事で認めてもらうことに望みを繋いでいたんです。

結局それも叶わず、現在のような状況に陥ったわけですが、休職4ヶ月目にしてようやく考え方が変わりつつあります。

気楽に考えればいいじゃない

ここにきて【2.気楽に考える】でいいじゃないかと、やっとのことで思えるようになりました。

第一、必死になって頑張って得たものは病気ですからね。冷静に考えれば全くおかしなことです。それに、私以外の人員で仕事を回せるようになれば、社員のスキル平準化に繋がるでしょう。誰かに何かあった際のバックアップを用意しておくのは、企業のリスクヘッジとして当然のことでしょう……と休職させてもらっている身にも関わらず、上から目線で言ってみる。

私としても、残った社員で仕事を回せるのならば、次の動作に移れます。ひとまず一度復職してから残るか辞めるか決めようと考えていますが、誰かが私の代わりをやってくれるのであれば、退職を阻害する要素がなにひとつなくなるわけです。

今のところ、ハローワークの求人が減っている様子は見受けられません。イギリスのEU離脱が引き金になり、リーマンショック時のように経済がシッチャカメッチャカにならないか心配していましたが、現在のところその兆候は見られません。
宮城県に限定すると、28年4月で一旦微減した有効求人倍率は6月から徐々に回復しています。28年7月の数字を見ると、宮城県全体で1.47倍、仙台地区では1.54倍と、なかなかの高水準ですが、特に石巻地区は1.73倍、気仙沼地区に至っては1.92倍と、沿岸部での人手不足は相変わらず顕著です。(出典:厚生労働省「職業安定業務統計」)
とりあえず、仕事内容を限定しなければ何らかの仕事は得られるという統計がありますので、その点は心強いところです。

別に何か特別なものになりたいというわけではありません。考え方を徐々に変え、アダルトチルドレン的思考からの脱却を図りつつ、心穏やかに暮らしたいのです。自分自身に過剰な負担を強いることなく、あまり無理なくできそうなことであれば、職種を問わず広い視野を意識して考えたいと思います。

「なんとかなるさ」の精神で、いざ行かん。

スポンサーリンク

-内面, 持病
-, , ,

閲覧数TOP5

1
失神するほど痛い!腎臓結石で激痛がきたらどうする?経験者が対策を伝授します

なんだかキルラキルみたいな題字になっちゃいましたが、まぁいいや。 ちょっと前の記 ...

2
登米市の三滝堂ふれあい公園に行ってきた 2016年・秋

最近は天気の良い日が続いて、ありがたい限りです。多少は外に出ようという気分にさせ ...

3
うつ病が相当よくなったので復職しました。復職して感じたことあれこれ

かねてより問題となっていたうつ病ですが、症状が著しく回復したため、この度復職を果 ...

4
【アダルトチルドレン関連記事】昔の記憶をあまり思い出せないことと、家族の金銭問題と。自分の人生を生きるために向き合うべきもの

早いもので10月になってしまいました。 日々に追われ汗水たらして働いていた頃と休 ...

5
脳がザワザワする……どうかしちゃってる海外産RPG「Hylics(ハイリックス)」

あまり体調がよろしくない為、ぼんやりネットサーフィンUSAと洒落込んでいたところ ...